借金返済 無料相談 明石

MENU

明石で借金返済の無料相談ならこちら

明石で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、明石に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を明石で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理を行っても、本人以外の身内が不利益を被るという話は聞いたことがありません。

家族の財産も処分されたり、銀行のローンや借入ができなくなるといったことはありえないでしょう。

とはいえ、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、家族が苦しい思いをすることになります。

昔の話ですが、多重債務の状態に陥り、債務の総額が300万になってしまいました。

なぜキャッシングを利用し始めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

しばらくして就職はできたのですが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

可能であれば、弁護士に債務整理の相談をすることをおススメします。

もちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は関わることができないからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

弁護士であれば、債務整理手続きを始めたその日に法律的に取り立てから解放されることもできるでしょう。


弁護士や司法書士といったプロの人たちでも、仕事内容によって得意不得意というのはあります。

実際に債務整理の実績が全くない弁護士などにも遭遇しますし、考えなしに依頼するのではなく、債務整理で実績を積んだ司法書士、弁護士を見つけなければいけません。

このごろは債務整理に力を入れている法律事務所や法務事務所等も多くなってきているので、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

まず自己破産を行うのであれば、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

それから個人再生の場合ですが、保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

債務整理全般に共通することですが、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取立て、FAXや電話などによる債権者からの連絡はすべて禁止です。

でも、安心はできません。

任意整理だとこうした期間内に債権者が裁判所に訴えることも多いです。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

弁護士が任意整理の受任通知を送ると、消費者金融によってはお決まりのように訴訟に出るような会社もないわけではありません。


人生はいつでも再出発の機会があります。

債務整理をする際に何歳であるかは関係ありません。

債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組むことができなくなるだけで、優雅な暮らしとはいきませんが、それ以外については通常と変わらず生活を営んでいくことができます。

晩年に差し掛かった方であっても5年が経てば一通り元に戻りますから、借金のせいで苦悩している方は債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。

結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、これまでの債務整理の記録は初期化されるのかと言えばそうではありません。

カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄もよく設けられていますし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。

仮に審査に通れたとしても、債務整理の記録が後日わかった場合はその時点でカードが停止されたり返還しなければならなくなる事もあるかもしれません。

近年、インターネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中には珍しくありません。

都合のいい事務所が近隣にはないと悲嘆していないで、何はともあれネットがあるのですから自分の状況についてメールで相談に乗ってもらうこともいいのではないでしょうか。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、やる気を出して最初のステップを踏んでみましょう。