借金返済 無料相談 秋田

MENU

秋田で借金返済の無料相談ならこちら

秋田で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、秋田に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を秋田で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、弁護事務所に電話したり、事務所のHPを確認すれば、相場を理解できるはずです。

特別な事情がある場合は追加料金が発生することもありますが、よくある多重債務であれば、平均的な価格で依頼を受けてくれるでしょう。

各弁護士事務所によって、料金体系や説明も変わるので、ご自身の状況合わせて柔軟に対応してくれる事務所を探すと良いでしょう。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずはおまとめローンできないか調べてみてください。

そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額で、ひとつの借入になりますから、利息負担を軽くすることができるでしょう。

それに、返済管理が容易になって、それぞれの会社の返済日を確かめる必要もありません。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのもおススメです。

カードローンはお金が足りなくなった時の助けになります。

でも、使い方によっては返しきれない程に借金が膨らんでしまうかもしれません。

返済不可能なまでに借金がかさんだ場合に検討してほしいのが債務整理です。

個人再生などの債務整理をすれば、司法手続きに則って借金を減らすことができます。

そのため、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、借金地獄から抜け出すことができるでしょう。


自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、やろうと思えば債務者本人でも可能ですが、おすすめはしません。

債権者との交渉が主体となる任意整理では、延滞を繰り返した債務者の言い分を債権者が快く聞いてくれるとは思えません。

それに、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

したがって債務整理を行う際は基本的に弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。

取扱実績は最近では減っているものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

どのようなものかというと、借入先に対し既に過払いになっている金額がある場合に効果が出るやりかたです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停以降に日を改めて過払い金請求をする必要があります。

この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。

債務を完済している時点で請求可能となります。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。

自己破産については、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

それから個人再生の場合ですが、自己破産と違って解約する必要はありませんが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。


自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が消えません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

それから、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は免責されないのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

もう生じてしまっている利息と今後生じることになる利息を免除して元金のみを返済していく方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。

債権者と協議した結果、着地点が見つかれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、月ごとの返済額も減らせます。

元金の額も減らない限り返済は無理だという時は、個人再生という他の債務整理の方法による手続きを選択するといいでしょう。

返済できる見込みがない借金を整理するための手段が債務整理ですが、唯一整理できないのが各種税金です。

自己破産に関して定めている破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

納税は国民の三大義務というだけあって困窮し、自己破産した人であろうと解放はされません。

ただし、役所の担当者に事情を話し分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。