借金返済 無料相談 豊後高田

MENU

豊後高田で借金返済の無料相談ならこちら

豊後高田で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、豊後高田に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を豊後高田で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、その原因がうつ病だという人も少なくありません。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、多重債務者になっていたということは、言い辛いものです。

ですが、そのせいで孤独に悩むという人が後を絶ちません。

このような問題からさらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。

ご存知のように、任意整理は貸金業者と和解交渉を行い、減額された金額を分割して払っていくことになります。

この時に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、繰り上げ返済をして今後の返済の負担を減らしたり、一度にすべて払い終えるといった対応が取れるでしょう。

任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをお願いしていたのなら、自分で行動するより、この弁護士などを通した方が良いと思います。

債務整理をすると、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、どのやり方を行うかによって全てが終わるまでの日数が異なります。

とはいえ、どのやり方でも3か月はかかるものだと思います。

多重債務者の場合は、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることもあります。


どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、一切の債務を帳消しにもできるのが債務整理の特徴です。

しかし、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報の裁判所公告に掲載事由(破産免責、再生)と共に住所氏名が掲載されてしまいます。

普段から官報に目を通している人はごく少数なので、気にすることもないといえばそうですが、破産関連の情報が官報に記載されていることは周知の事実で、文書でもネットでも公開されています。

債務整理の履歴というのは必ず残りますし、もし行うのであればじっくり考える時間をもちましょう。

個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が残ることはご存知でしょう。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に就職する際には支障が出るかもしれないということです。

どんなに努力して返済したとしても債務整理の記録があれば、ときにはその経歴に不審を持たれ、採用しないことだってありえるわけです。

会社や採用担当者によって考え方も違うでしょうし、自分の手に負える話ではありません。

銀行を債権者に含む債務整理を行う際は、当該銀行に本人名義の口座がある場合、凍結される可能性があります。

つまり、預金があるのであれば銀行への債務を相殺できるからです。

けれどももし自己破産を行ったのなら預金残高が20万円に満たないときは借金の返済に充てなくても良いと定められているため、原則的に20万円のリミットを超えた場合だけが債務の返済にあてられるのです。


既にある利息とこの先発生する利息がカットされて元金のみを返済していく方法が、債務整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。

債権者と協議した結果、着地点が見つかれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、月々に返済しなければならない額を軽減できます。

元金がそのままの額では返済は無理だという時は、別の個人再生という方法により手続きする事となります。

昔は出資法に依拠して、利息制限法を凌ぐ利率での貸付がありふれていました。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

現代では金利が利息制限法の上限を超えていると法に背いていることになります。

したがって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

借金の整理を債務者がどうやって行うのか次第で債務整理の方法は4種類あります。

具体的には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。

個々にどれくらい借金を圧縮できるのかや裁判所の手が入るのかどうか等、違う制度になっています。

どの方法でも同様なのは事故情報が一定の期間信用情報機関に保存されることで、新規の借入はそれがなくなってからでないと容易にはできないという事でしょう。