借金返済 無料相談 千代田区

MENU

千代田区で借金返済の無料相談ならこちら

千代田区で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、千代田区に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を千代田区で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし債務整理すると、仕事に悪影響が出るのではないかと考えて、つい債務整理を後回しにしてしまうという方も少なくありません。

けれども、個人的に行った債務整理が会社にバレることは、ほぼありえません。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対にバレないでしょう。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。

普通、債務整理というと、特定調停や任意整理、あるいは自己破産や個人再生といった種類があります。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは直接、債権者と交渉するので、裁判所を通すことがなく、解決が早い点が特徴です。

担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

なお、特定調停や自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、数ヶ月は手続きが続くものだと思います。

とはいうものの、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、一部の債務が残るでしょう。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、この債務の返済期日も遅延してしまうようなことがあれば、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため気を付けてください。


普通、貸与型の奨学金を受ける場合は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、債務整理をした人が保証人になると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。

親族が高齢で保証人を頼めないというケースもありますし、事情があるのなら保証機関に連帯保証をしてもらうと、まったく保証人を立てずに奨学金の貸し付けを受けることができます。

月々の奨学金から保証料は分割で天引きされますから、払い忘れの心配もありません。

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、すでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、単純に借金がなくなるだけです。

もし過払い金が戻ってくる可能性が高いと解っているのだったら相殺目的の特定調停などはせず、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、借り手が自己破産という事態になれば、その時点で返済しているローン契約は解除となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売ることになります。

しかし、それ以外の債務整理の場合、そのような債務の契約は継続されるので、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

また、これらを売却して返済に充てるなどということは考えなくても良いのです。


一般に債務整理をしたとしても国内外の旅行や引っ越しが制限されるということはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

と言っても、例外が唯一あります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、常に裁判所が自分の居場所を把握している状態にしなければならず、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

裁判所で免責が認められた後ならば他の方法で債務整理をしたときと同じように、縛りはありません。

借金の原因がパチンコや競馬などギャンブルの場合も債務整理をしてもかまいません。

けれども、可能なのは任意整理や個人再生といった支払総額は減るものの引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

あらゆる債務を清算できる自己破産であっても借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に当てはまってしまい、たとえ裁判所に破産を申し立てても免責される見込みは少ないでしょう。

普通は個人単位で債務整理を行うので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ただ、例外も存在しており、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

他にも、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるならもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。