借金返済 無料相談 福井

MENU

福井で借金返済の無料相談ならこちら

福井で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、福井に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を福井で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融機関でローン審査をパスできなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、注意してください。

弁護士に債務整理を依頼する場合、選び方にもポイントがあります。

まず、弁護士事務所の価格と実績を調べると安心でしょう。

ただし、料金システムをきちんと把握しておかないと、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、他に必要な料金が高く設定されているところもあるので、要注意です。

ネットの評判などを参考にしていくつかの事務所をピックアップしておき、事務所が行っている無料相談などに参加し、納得できる説明をくれる弁護士ならば、正式に依頼しましょう。

債務整理をしたいけれど婚約者がいるという場合ですが、あくまで債務整理は債務者の借金と財産を清算するものですから、仮に結婚前でもとくに問題が生じることはありません。

普通、債務整理で借金を処分したからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられる可能性は一切ありませんから心配は無用です。

ただ、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

正直に事実を伝え、結婚へ進みましょう。


信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすればいずれ職場に分かってしまうだろうと思う人が多いようですが、知られるのは一部のケースだけです。

たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら当事者が黙っているうちは同僚や上司などに知られることはないはずです。

ただ忘れてはならないことは、公務員共済などで借入が残っていたりすると、知られてしまう可能性が高いでしょう。

決済日に返済できないでいると、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、あとでしつこく電話がかかってくることもありません。

しかし、その約束が不履行に終わると債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、今度こそ取立てが始まるかもしれません。

努力しているのにも関わらず長期的に見て返済不能な状態に陥ったら、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、自己破産のような完全な免責とは違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、当然ながら遅延利息を含めた借金の残額を一括で返済することを求められるはずです。

和解というのは約束ですから、順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。


これまでに債務整理をしたことがある上で、二度目の債務整理をしようとすると、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

債務整理が二回目となると一回目よりも基本的に許可が下りづらく、かつ二回目の自己破産ともなると、非常に手強くなります。

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。

けれども、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、官報をいつもいつも読んでいる人など極めて少数です。

なお、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る事はありえます。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、もし債権者からの取立てがあっても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ですが、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。

この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者に談判をして支払いを分割にしてもらう事はできます。