借金返済 無料相談 福井

MENU

福井で借金返済の無料相談ならこちら

福井で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、福井の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を福井で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、債務の総額が300万になってしまいました。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職もうまくいかず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

その後、しばらくして就職先が見つかりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

債務整理手続きを取るには、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。

もちろん、無料ではありませんから、そのお金を工面することができないと考える人も少なくありません。

ですが、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、分割や後払いでも支払うことができます。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、債務整理の依頼に関して、金銭的な心配はあまり必要ありません。

もし、債務整理をしたのであれば、抱えた借金を減らすことができるでしょう。

ただし、債務整理を行ったことは信用情報機関に載ってしまいます。

つまり、ブラックとして扱われるため、借入やローンの審査で落とされるようになります。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、気を付けなければいけません。


どういった種類の債務整理であろうと、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為はいったん中止しなければなりません。

ただ、任意整理の場合は手続き中に相手側から訴訟を起こされる場合もあります。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、貸金の返済を求めるのは貸主にとって当然の権利ですし、債務者の権利と同様、彼らも守られているのです。

任意整理の手続きを始めると、一部の消費者金融など、必ずといっていいほど訴訟提起してくるような会社もないわけではありません。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は免責決定が下りてから起算し、その他の債務整理を行った場合はすべての返済が済んでからを基準として、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。

借金が返済しきれず債務整理で生活の立て直しをはかりたいと思ったら、最近ではスマートフォンやPCから比較的簡単に債務整理にかかわる情報を得られるようになりました。

ただし、家族と共有のPCや勤務先などで調べると、閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ等から債務整理をしたいと思っていることが誰かに知られる危険もあります。

いつでも気になった時に調べられるので、スマホのほうが安全でしょう。


ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らず白紙のところから出直せます。

続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は引き続き保有できます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、それだけでなく借金の利率や借りていた期間次第では過払い金の返還請求が可能です。

以前に債務整理をしたことがあり、その上でもう一度債務整理をすることを考えた時は、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても許可が下りづらく、かつ二回目の自己破産ともなると、相当な難しさになるでしょう。

月々の給与から天引きという形で貯金していくことを財形貯蓄と呼びます。

自己破産により債務整理を行った人は、この貯蓄額と現金で手元に置いている分の合計が法が打ち立てている上限を上回ると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

なお、オーバーしていない時でも、裁判所から残高証明の提出を求められます。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。