借金返済 無料相談 弘前

MENU

弘前で借金返済の無料相談ならこちら

弘前で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料、匿名可能なので、家族や会社にばれずに弁護士に相談できます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、弘前の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を弘前で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、行った債務整理が違えば手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、短くとも3か月の期間は必要になります。

債権者が複数に及んでいるというケースでは、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることも珍しくありません。

すぐにお金を融資してくれるカードローンはとても便利なものですが、使い方によっては借金地獄に陥る可能性があります。

このような場合には債務整理が有効な手段になります。

この場合、任意整理以外の債務整理を選択すれば、法的な手続きを経たうえで借金を減らすことができます。

そのため、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、安定した日常を送れるようになります。

もう、債務整理するしか借金問題を解決できる方法が残されていないような状態の人には、うつ病などの精神疾患で膨大な債務を抱えてしまうというケースも珍しくありません。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活を送るために借入を繰り返していたら支払いきれない程の膨大な借金になっていたとは、誰だって言いたくはありません。

でも、そのせいで一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

そのために、うつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。


いかなる債務整理であっても、弁護士等に手続きを委任すると、早々に受任通知(介入通知)の送付が行われ、処理が始まります。

そこでもし依頼者の都合で中断して、無かったことにしたいと思っても、いったん動き出した債務整理というのはストップしようとして簡単にできるものではありません。

まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは中止はまず無理だと考えてください。

ですから、債務整理をするというのは、よく検討してから弁護士や司法書士にお願いするようにしましょう。

債務整理を頼んだにもかかわらず、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、委任自体をやめたい場合は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

それを省いて債務整理を別のところへ頼んでしまうと、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、トラブルを招きかねません。

元々依頼した法務事務所との契約はきちんと解約して、ほかのところに依頼してください。

いくら相談は無料といっても、いざ債務整理の手続きを依頼するには、仕事を依頼しました引き受けましたという意味での着手金が必要です。

法律で決められた金額というわけではありませんから、料金は依頼先によって差はあります。

また、自己破産と個人再生のように裁判所を通す手続きでは、処理が終わったあとの成功報酬も最初から固定で分かっていることが多いですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で差があります。


俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報の中の債務整理の情報が消えるまでにかかる時間は、債務整理でとった方法によって差があります。

選んだ方法が任意整理、個人再生、特定調整の場合は概ね完済から約5年のようです。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから7年くらいというのが目安です。

とは言え、単なる目安の数字なので、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば何より明らかです。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますが個々に独自のメリットを持っています。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は残ったままです。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、それだけでなくその取引利率や借金の期間によっては過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。

弁護士にも司法書士にも債務整理の依頼をすることは可能ですが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたっては140万円以内に合計額が収まっていないと引き受けることができないという条件が課せられています。

合計140万円にはいかないということが確かな場合は両者とも問題はないですが、もしかしたら上回るかもという案件は弁護士に頼む方が安心でしょう。