借金返済 無料相談 生駒

MENU

生駒で借金返済の無料相談ならこちら

生駒で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、生駒に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を生駒で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って返済の負担を軽減するつもりでしたが、借金が膨大な金額になっていて個人再生になってしまいました。

車は引き上げられてしまいましたが、家をそのままにできたのは嬉しかったですね。

借金の負担が大幅に軽減されましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、債務整理をして良かったです。

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、実際に債務整理をしても、そのことが会社にまで伝わるようなことは少ないです。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対にバレないでしょう。

その他の債務整理を行ったとしても、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、会社にはバレません。

かえって債務整理をしないで借金を抱えたまま仕事を続ける方が発覚しやすいです。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いとして処理されます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生で800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

けれども、仮に100万円の売掛金があると、5分の1は債務に上乗せされるため、220万円の債務になります。


債務整理の中でも自己破産や個人再生はすべての債権者が債務整理の対象になるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに個別に行います。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

概して大幅な減額が見込める債権者を対象とすることが多いです。

そんなに債務がないことがわかっている借入先まで交渉に含めると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。

債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、どうしても時間がかかるものです。

たとえば任意整理でしたら、最初に弁護士等に依頼して一連の手続きに着手してから和解や免責などの成果を得るまでの期間は、手際よくこなしたとしても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。

債務整理に着手すると、解決するまでは取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、差押えなどを求めた訴訟を起こす貸金業者などもいるようです。

信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、そこに口座を保有している場合はおそらく凍結されるでしょう。

それは残されている預金を使って債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、もし自己破産を行ったのなら預金残高が20万円に満たないときは法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、それより残高が多い場合だけ返済に充当されるのです。


借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも何種かの方法が考えられます。

元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、元金を減らせないと駄目なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

状況が人によりけりなので適した方法も違います。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、懸念事項が少なくないなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産、または、個人再生ならば官報上に個人情報が載ることが債務整理をする上でのデメリットと言えます。

と言っても、事故情報は永遠に残るわけではありませんし、官報をいつもいつも読んでいる人など極めて少数です。

あとは、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる事はありえます。

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというとどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。

任意整理にあたっては自分で全手続きを行おうとしなければほとんど家族にばれることはありません。

しかし、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、隠し切るのは至難の業です。

なお、職場に関しては、どんな方法で債務整理を行おうと秘密にしておく事ができます。