借金返済 無料相談 北九州

MENU

北九州で借金返済の無料相談ならこちら

北九州で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、北九州に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を北九州で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理の中でも、任意整理は債権者の一部を選択して交渉しますが、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。

任意整理の場合、法的な命令があるわけではなく、和解交渉と変わりありませんから、強制的に和解交渉を進めることはできません。

弁護士事務所などを通した方が上手くいくと思いますが、その時には、後ろめたくても、全ての借金の状況を伝えてください。

もし、きちんと言わないと、不信感を持たれ、担当を辞退されてしまうかもしれません。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼すると良いでしょう。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判に強いのは、やはり弁護士です。

弁護士であれば、手続きをとったその日の内から法律的に取り立てから解放されることができるハズです。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、債務者以外の家族に問題が生じる可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融機関でローン審査をパスできなくなるようなことはありません。

けれども、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。


自己破産ではなくその他の債務整理を選択するためには一定以上の収入が継続してあることが求められるわけですが、現状で生活保護を受けている場合は、収入とは見なされないので注意が必要です。

生活保護費は生活のためのものですから、債務の返済などに利用してしまえば、支給停止ということも現実としてあるわけです。

つまり生活保護を受けて暮らしている場合、自己破産以外に債務整理の道はないと考えて間違いありません。

隠すより、早く弁護士等に相談することをおすすめします。

どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、法務事務所や法律事務所に対し、依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

着手した処理が終了すれば成功報酬が必要になりますし、費用面ではこのほか、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、債務整理を裁判所に申し立てるための手数料としての印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。

しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、上乗せして要求してくるようなことは通常はありません。

認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では借入先1件ごとの債務額が上限140万円までという制限があります。

それ以外にも、自己破産や個人再生では弁護士は代理人になれますが、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することはできないことになっていますから、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。


借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

ですが、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり返済義務は存続する方法のみとなります。

全借金をゼロにする自己破産ではギャンブルが元の借金は免責不許可事由に定められているので、裁判所で破産申立をしようが恐らく免責されないでしょう。

親戚や友人がしている借金の保証人になっている場合は、もし債権者からの取立てがあっても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。

ですが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者に掛け合って支払いを分割にしてもらう事はできます。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

異なる点は、元金の減額があるかないかです。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、普通は借りている元金を減らすことはできません。

他方、民事再生は返済計画を立てて裁判所に提出することとなり、それが認められれば元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。