借金返済 無料相談 神戸

MENU

神戸で借金返済の無料相談ならこちら

神戸で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、神戸の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を神戸で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

よく言われるのが、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。

これによって、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が最短でも5年間から10年間と違いがあります。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、身内の人が辛い思いをするという話は聞いたことがありません。

家族の財産も処分されたり、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。

とはいえ、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、安易な債務整理は厳禁です。

もし債務整理を弁護士に依頼するのであれば、必要な料金とこれまでの実績を重視して弁護士を探すのがおススメです。

ただし、料金システムをきちんと把握しておかないと、手付金自体の価格は低料金だとしても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。

インターネット上には口コミなども掲載されているので、これらを見て事務所を選ぶと良いでしょう。

その後、実際に状況を相談し、納得できる説明をくれる弁護士ならば、債務整理をお願いしてください。


任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

その結果、新規のローンなどは受け付けてもらえませんし、現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

何年かはクレジットカードを作るのはまず不可能です。

一方、既に契約している債務の場合、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済するまでは支払いが続きます。

ローンの返済が苦しくて債務整理をしたのに、結局のところ赤字になってしまったといった話も時々聞こえてきます。

どう考えても悪徳業者としか思えない司法書士ないし弁護士にひっかかったケースです。

任意整理しても100万の債務が70万にしか減らなかったのにそれを上回る費用を請求されるといったパターンです。

割に合わない契約をしないために、あらかじめ料金面はしっかり明らかにしてもらうのが大事です。

一人で債務の返済に悩むのは良くないです。

債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

都道府県だけでなくもっと小さい市町村単位でも相談できる窓口がありますし、消費者ホットライン、消費生活センターのほか、各弁護士会、司法書士会連合、法テラスといったところでも随時対応の窓口があります。

一般の弁護士事務所においてもこういった無料相談を行っていることが多いですから、相談から始めてみるのもいいでしょう。


一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには複数の方法が用意されています。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額がどうこうと言う話ではなく支払い自体を継続しがたいのか。

状況が人によりけりなので妥当な方法も違ってきます。

自ら手続きを行う人もいますが、気がかりな事が多い場合は弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

債務整理の委任を弁護士や司法書士にしたい時、料金を支払う事が無理そうだという場合は法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

法律についての問題なら、法テラスは頼れる公的機関になります。

無料で借金問題の相談に乗ってくれたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度による業務として、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に一時的に立て替えるという対応もしています。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできなくはありません。

とは言え、可能なのは任意整理や個人再生といった支払総額は減るものの返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

あらゆる債務を清算できる自己破産であっても借金がギャンブルで生じたものだと免責不許可事由に該当し、もし破産を裁判所に申し立てても恐らく免責されないでしょう。