借金返済 無料相談 神戸

MENU

神戸で借金返済の無料相談ならこちら

神戸で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、神戸に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を神戸で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、高額の買い物が増えると返済できなくなる可能性もあります。

この場合、債務整理をすれば、債務の減額を認められたり、毎月の返済額を適正な範囲にして完済に向けて生活を立て直すことができます。

ただ、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、カードで購入したものを会社が引き上げるケースがあります。

個人再生や自己破産などを含めた債務整理は、返済しきれなくなった借金を整理するために最適な方法ですが、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

もしかすると、この債務整理中にも、また借金をしてしまう人がいるかもしれません。

とはいえ、債務整理の最中に再び借金をすることは厳禁です。

仮に、このことが伝わってしまったら、裁判での風向きが変わり、債務整理が失敗することもあります。

車を処分を避けるのであれば、車のローンはそのままで、任意整理などを行えば、車は手放さずに済む可能性があります。

ですが、本当に持ち続けることができるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、車を手放すよう求められるかもしれませんから、債務整理を依頼する弁護士と話し合って、どうして車が必要なのかという点を訴えなければなりません。


延滞する位ですから弁護士への着手金を用意するのも大変でしょう。

しかし、それでも状況次第では債務整理の手続きをお願いすることは可能です。

一般的には着手金に代わるものとして手付を出来る限り支払うようにするのです。

不足分は債務整理手続き中の債務の返済をしなくても良い時期(3か月から半年程度)に積み立てをして、諸経費や成功報酬などと共に最後に清算するのです。

いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

債務整理の相談に行った際は、こうした積立方式を提案されるようです。

認知度は高くないようですが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

返済すべき債務があり、なおかつ払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選択できる手法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停時に過払い金請求を盛り込むことはできませんので、日を改めて過払い金請求をする必要があります。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、返済終了後に行えるようになります。

以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、その他の債務整理を行ってからでも、医療保険や生命保険を契約するに際しては何の制限も受けません。

一般に保険というのは加入時に個人の信用情報を利用することはありませんから、自分から言わない限り債務整理がわかることはないです。

つまり、保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。


債務整理の方法に任意整理を選ぶ場合、交渉を受け入れない債権者もいます。

任意整理は間に司法が入ることなく当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。

司法の介在がないという意味は、債権者が交渉に応じなければならない法的な義務は存在しないという事に変わりありません。

ですから、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、どう考えても債権者にとって悪条件であれば決着できないかもしれません。

申請や手続きを行うという時点になったら、極力早めに片付けたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。

しかし、借金を免除または減額などしてもらうことの承認を得るまで当然ある程度待たなくてはなりません。

どうやって債務整理を行うのか、スペシャリスト(司法書士や弁護士など)に頼むのか、自ら手続きを全て行うのかなどにもよってどのくらい日数がかかるかは違います。

パチンコや競馬などのギャンブルで出来た借金も債務整理はできます。

そうは言っても、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで作った借金については免責不許可事由に該当し、裁判所に破産の申立をしたところで免責される見込みは少ないでしょう。