借金返済 無料相談 高知

MENU

高知で借金返済の無料相談ならこちら

高知で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、高知に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を高知で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、時間を置かなければ、キャッシングをすることも難しいでしょう。

またサービスが受けられるようになるまでに必要な時間ですが、債務整理の方法で異なるでしょう。

とはいえ、収入が安定していて、同じ会社に勤め続けているならば、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、問題なく審査をパスできるかもしれません。

任意整理をした人であればこの可能性が高いです。

さらに、個人再生、自己破産の順で可能性が低くなっていきます。

増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、おまとめローンできないか調べてみてください。

そもそもの債務額は変わらないとはいえ、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利子を減らすことも可能でしょう。

それに、返済管理が容易になって、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

債権者の数が多すぎると、おまとめローンも組めないこともありますが、その時に債務整理を行うのも遅すぎることはありません。

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は違法な金利で支払わされた利息のことです。

最近までグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、利用者は法定外の利息を払わされていたことになります。

この払い過ぎた分が過払い金です。

これを返還してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。


任意整理では問題にならないかもしれませんが、個人再生や自己破産のように裁判所を介する方法で債務整理をするのであれば、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの業務と依頼者への手続きの指導を主に行うようになります。

依頼者本人が裁判所へ行かねばならない上、事務員や裁判官に質問されれば自分で答えるほかありません。

債務の免除を目的とする自己破産を行う際は、申立に弁護士を使わないと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。

自己破産や個人再生といった債務整理では、債権者全員を対象として行いますが、裁判所を通さない任意整理の場合は借入先一社ごとに手続きをします。

債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、大概、減額の量が大きそうな借入先から順に手続きしていきます。

残債がそんなにないところまで債務整理の対象とすると、弁護士や認定司法書士に払う費用が膨れ上がってしまうので、おすすめできません。

ローンの返済が苦しくて債務整理をしたのに、支払い総額が却って増えたという話も時々聞こえてきます。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにひっかかったケースです。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、それを上回る費用を請求されるといったパターンです。

おかしな業者に狙われないためにも、何にどれくらいかかるかということは初めに確認し、見積書をもらいましょう。


債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。

元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を付けない返済額の取り決めをして、月々の返済をしていくもので、通常は元金については変わりません。

その一方、民事再生の場合は裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。

新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務整理後、それなりに期間が空き、信用情報機関で参照される事故情報、いわゆるブラックリストから債務整理を行った記録が消去済である事が欠かせません。

どの程度の期間かといえば債務整理をした方法によってそれぞれで、消去済かどうかの閲覧は自由に可能です。

もう記録が残っていなければ、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことができます。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

現行は金利が利息制限法の上限を超えていると違法な貸付です。

したがって、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行う事によって余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。