借金返済 無料相談 郡山

MENU

郡山で借金返済の無料相談ならこちら

郡山で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、郡山の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を郡山で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いになります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、200万円まで減額されると思います。

ただ、100万円の売掛金が残されているとして、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、220万円の債務になります。

ご存知のように、債務整理後にはJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

よく言うブラックの状態なので、しばらくは銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることができないでしょう。

この期間ですが、債務整理のケースではブラックでなくなるまでに5年はかかると理解しておきましょう。

注意してほしいのは、債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、一定の期間が過ぎないと、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。

債務整理をすると信用情報機関に金融事故として情報が保存されるため、数年経たないと、クレジットカードの利用や、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うといった行動は100%できなくなってしまいます。


自己破産は債務整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債権者への返済金にするわけですが、自己破産以外の債務整理では返済方法も変わってきます。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

仮にどこかで発覚したとして、最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなるので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。

個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が過去のローンの利用状況などと共に記載されています。

転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。

例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に転職や就職したいときです。

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、状況次第ではそれが元で最初から不採用の返事をしてくる可能性もあります。

いずれにせよ、自分の手に負える話ではありません。

奨学金の借り入れをする場合は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。

そうした事情で保証人が立てられないときは、保証機関に連帯保証をしてもらうと、連帯保証人や保証人を頼まなくても借入型の奨学金を申し込めるようになります。

毎月の奨学金から保証料が差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。


通常、債務整理を行った人は全員ブラックリストに入ると言われる傾向がありますが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。

余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、それによって完済できたなら事故にはならないでしょうという話です。

そうは言っても、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ債務が残っているのであれば、ブラック入りは免れません。

幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないとなったら出番となるのが債務整理です。

大概は債務者から債権者に対して利息の減免や返済計画の再検討について対話を願い出る事を指します。

ところが、相手方はプロで慣れているので、債務者にとって素人一人での交渉に臨むのは不可能に近いでしょう。

専門知識を持つ弁護士などに力添えしてもらうことが多いです。

債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、身分証明書、印鑑、持ち合わせているクレジットカード、あとは現在の借入の状況を示すあらゆるものです。

その上、資産があることの証明書を要することもあります。

万が一契約書が手元になくても、クレジットカードを紛失していたとしても、調査すればいいだけのことですからそれによって無理だと判断するのは早計です。