借金返済 無料相談 熊本

MENU

熊本で借金返済の無料相談ならこちら

熊本で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、熊本に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を熊本で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、買い物に使い過ぎたら毎月の返済が困難になります。

こうした状態になったら、債務整理をすることで、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、返済が可能な範囲に収めて完済を目指せます。

しかし、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、カードで購入済みの物の返済が済んでいなければ、引き上げられてしまうかもしれません。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、一定の期間が過ぎないと、審査が必要な金融機関のサービスが受けられなくなるでしょう。

債務整理をすれば個人信用情報機関に情報が残り、ブラック状態になるため、短くとも5年以上は、新たにクレジットカードを作ったり、信用情報機関に加盟している大手の金融機関での借入やローンを利用するなどの行為ができなくなります。

債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、どのやり方を行うかによって所要時間が変わってきます。

とはいえ、どのやり方でも3か月はかかるものだと思います。

多重債務者の場合は、状況によっては1年以上かかるような人もいるようです。


自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う債務整理は対象がすべての債権者となりますが、任意整理の場合は事情が異なり、債権ひとつずつに分けて手続きをすることになります。

債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、たいていは減額幅の大きい債権者を対象とすることが多いです。

さほど債務が残っていないところまで債務整理の対象とすると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する報酬のほうが高くつく場合もあります。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、自己破産のような完全な免責とは違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

もし、この返済が滞ると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、それまでの延滞金を合わせた全額の一括返済を迫られるでしょう。

和解というのは約束ですから、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、もしそこに口座があれば凍結される可能性があります。

それは残されている預金を使って少しでも借金の返済に回せるからです。

ただし、例えば自己破産でしたら同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は本人のものとして残すことができ、それより残高が多い場合だけ返済に充当されるのです。


通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理によって生じるデメリットです。

けれども、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、官報をいつもいつも読んでいる人などほとんどいません。

それから、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる事態は否定できません。

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというとその方法次第で難易度には差があります。

仮に任意整理をするなら手続きを全部自分でしようと思わない限りは大抵は家族にばれずに済むでしょう。

ところが、個人再生や自己破産の場合は、 その手続きの際に世帯収入や資産を公開する必要があるため、ばれるのを覚悟した方がいいです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと秘密にしておく事ができます。

いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないという人がするべきなのが債務整理でしょう。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して交渉を持ちかける事を指して言います。

と言っても、先方はプロですので、知識を持たない債務者一人で交渉を上手く運ぶことは容易ではありません。

専門知識を持つ弁護士などに力添えしてもらうというのが普通でしょう。