借金返済 無料相談 熊本

MENU

熊本で借金返済の無料相談ならこちら

熊本で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、熊本に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を熊本で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

多重債務などで債務整理をした場合、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

ちなみに、保存期間ですが、JICCでは、ほとんどの債務整理において約5年間は保存されます。

CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の債務整理の場合はとくに記録として保存されることはありません。

ブラックになっている期間中は、借り入れできなくなるといった問題があります。

仮に今ある借金を債務整理で処分しても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、まわりの家族は住宅ローンやクレジットカードの審査にパスすることも問題ありません。

ですが、注意してほしい点もあります。

借金の保証人が家族になっているケースでは、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。

自分自身で債務整理を行うことは、不可能ではありませんが、生半可な知識では通用しません。

その他にも、関係書類の準備や手続きのために時間を取られることは想像に難くありません。

これらの問題を考えると、債務整理は弁護士事務所などに依頼を出した方が良いと思います。

知識も経験も豊富な弁護士であれば、債務整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。


よく「破産」などと言いますが、債務整理の手続きは3通りあり、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、依頼主に定収入がなければいけません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の帳消しではなく「減額」を求めるものであり、完済まで月々返済していかなければなりません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、本人に収入があることが求められるのです。

債務の減額を目的とする任意整理を行う際は、委任から和解までの数カ月ほどは司法書士や弁護士事務所などに毎月お金を積み立てるというケースがあります。

債務整理をお願いすると貸金業者等に対しての支払いが一時的に保留されるので、返済に回すべきお金で積立をしておいて、和解が済んでからの弁護士報酬に充当するのです。

司法書士や弁護士といった人に債務整理を相談しても受け付けてもらえないケースがあります。

例えばそこの事務所で債務整理の取扱いをしていない時や、もし自己破産で借金ができた経緯が遊興費であったりと免責不許可事由になりそうな時も断られやすいです。

もし前者であれば、債務整理で実績を上げている弁護士事務所などにあたることをお勧めします。

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも調べられます。


普通は債務整理を行う単位は個人ですから、長所と短所に関しても配偶者や家族は大した影響を受けず本人だけが気にすることになります。

ただ、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

他にも、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならばもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、問題となることは大してありませんが、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、隠していた事が伝われば免責が承認されないだけではなく詐欺罪の容疑をかけられる事も考えられます。

債務整理で借金を整理するにも、何種かの方法が考えられます。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

個々の状況次第で方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。