借金返済 無料相談 玖珠

MENU

玖珠で借金返済の無料相談ならこちら

玖珠で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、玖珠に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を玖珠で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?借金の額は減らないとはいえ、高額借入として扱われるため、利息負担を軽くすることができるでしょう。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、本人以外の身内が不利益を被るという話は聞いたことがありません。

家族名義の財産が没収されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなるといったことはありえないでしょう。

とはいえ、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、注意してください。

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、うつ病などの精神疾患で膨大な債務を抱えてしまうという人も意外と多いのです。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活を送るために借入を繰り返していたら多重債務者になっていたということは、なかなか言い辛いことですから、一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

このような問題から病気が悪化しやすいという指摘もあります。


家や車などのローンを完済する前に自己破産の手続きをせざるをえない状況になると、それらのローンは解約され、売った代金を返済に充てるために、家や車は任意売却するか、競売にかけられることになるでしょう。

一方、任意整理や個人再生では、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、今まで通り支払う必要があります。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却する必要もなく、強制されることもありません。

自己破産の手続きに入る場合は、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

資産があれば、20万円を超えた部分については債権者への返済金にするわけですが、預貯金はそのままでいられる任意整理などと比べると厳しい措置です。

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて思わない方が良いでしょう。

手続きの過程でそれがバレたりすると、自己破産は成立しても免責にならないわけですから、嘘はいけません。

どのような債務整理であれ、一度でもすればCIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

ですから新たなローンの申し込みは受け付けてもらえませんし、現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作成することもできないでしょう。

しかし既に契約済みの借り入れは、債務が帳消しになるわけではありませんから、完済に向けて支払いを続けていきます。


俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報の中の債務整理の情報が消えるまでにかかる時間は、債務整理でとった方法によって差があります。

選んだ方法が任意整理、個人再生、特定調整の場合は概ね完済から約5年のようです。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから7年くらいというのが目安です。

とは言え、単なる目安の数字なので、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば何より明らかです。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますが個々に独自のメリットを持っています。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は残ったままです。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、それだけでなくその取引利率や借金の期間によっては過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。

弁護士にも司法書士にも債務整理の依頼をすることは可能ですが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたっては140万円以内に合計額が収まっていないと引き受けることができないという条件が課せられています。

合計140万円にはいかないということが確かな場合は両者とも問題はないですが、もしかしたら上回るかもという案件は弁護士に頼む方が安心でしょう。