借金返済 無料相談 京都

MENU

京都で借金返済の無料相談ならこちら

京都で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、京都に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を京都で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額借入として扱われるため、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

面倒だった返済管理も簡単になるので、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。

債務整理で借金を整理したとしても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

借金を債務整理で処分した人が身内にいようと、あくまでブラックリストに名前が載るのは債務整理者本人だけですから、家族はそのまま借入やクレジットカードの利用を続けることもできます。

とはいえ、注意しておきたいのは、借金の保証人が家族の名義になっているのならば、その人が債務者の返済義務をすべて背負わなければならなくなってしまいます。

多重債務者の中には、その原因がうつ病だという人も少なくありません。

働くことができずに借金を繰り返したり、生活が苦しくなって借金していたら多重債務者になっていたということは、誰にも言いたくないことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

このような問題からうつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。


もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、生活保護費の支給を打ち切るといったことも実際にあるようです。

ですから生活保護を受給している方は、債務整理するなら自己破産以外にはないというわけです。

頑張っても借金返済のめどが立たずにいよいよ債務整理を考えるようになったら、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に得られるようになりました。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから誰かに借金や債務整理のことがばれないとも限りません。

スマートフォン対応のサイトも多いので、そちらを見るほうが安全かもしれません。

どの仕事でもそうですが、弁護士や司法書士と名のつく人たちでも、経験がなければ債務整理はできません。

実際に債務整理の実績が全くない弁護士などにも遭遇しますし、安易に依頼せず、きちんとした結果が期待できる弁護士を探すことが大事です。

以前に比べると債務整理専門に力を注いでいる司法書士や弁護士事務所なども増えていますから、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。


弁護士、司法書士のいずれも、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず個別面談を債務者との間で行うことと、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が発表しています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、顔を合わせての面談なしで弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、日弁連規定の面談義務を果たしていない事になります。

状況は人それぞれですから、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは話が変わってきます。

将来利息がカットされる前者の場合、支払総額が減ることになりますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。

他方、後者は利息を下げた借り替えをすることができれば多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理での減少額には敵いません。

ただ、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

自己破産は、その他の債務整理の方法と異なり完全に借金をなくせるという強力さを持った方法です。

そうは言っても、申立をした全員が可能なのではなく、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、財産が当人に有るのか無いのかによります。

特に無い場合では3ヶ月程度で決定されますが、有る場合では管財事件として財産を債権者たちに分配していくので、1年かかる可能性もあります。