借金返済 無料相談 奈良

MENU

奈良で借金返済の無料相談ならこちら

奈良で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、奈良に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を奈良で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停といった種類があります。

一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、手続きが終わるまでの期間が短いというのが、人気の理由でしょう。

担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、取り立ての電話や手紙も止まります。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックリストから名前が消えるということはありません。

業者が審査を行う場合、苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めて信用情報機関をチェックします。

要するに名寄せを使っているのです。

ですから、結婚で苗字だけが変わっても金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、返済が難しくなってしまいます。

仮に一括でお金が引き落とせなくなったら、支払方法をリボ払いに変更されると思います。

けれど、これでも払えないということも少なくありません。

常に返済のことを考えなければならなくなると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、債務整理で借金を整理し、返済を楽にしましょう。


まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、その時点で返済しているローン契約は解除となり、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために売却しなければなりません。

ただ、債務整理といっても自己破産以外はそのような債務の契約は継続されるので、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却することはないですし、不安であれば相談することをおすすめします。

借金が返済しきれず債務整理という手段をとるときは、近頃はPCはおろかスマホでも、手軽に債務整理に関する情報を知ることができるのは有難いかぎりです。

とはいえ家庭や会社のパソコンで調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから借金していたことや債務整理を希望していることが漏れやすくなります。

その点、スマートフォンを使うほうが安心です。

一口に債務整理といっても3通りあり、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、安定収入がある人というのが前提になっています。

なぜなら任意整理の和解も個人再生の再生計画も「債務の減額」が趣旨であり、完済まで月々返済していかなければなりません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、「収入がある」というのは外せない条件なのです。


債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の一切の借金がなくなる強力な方法です。

そうは言っても、申立をした人が誰でもできるとは言えず、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。

申立後、免責の可否が決まるまでの免責期間は、当人に財産が有るか無いかで異なります。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。

普通は債務整理の対象は個人に限定されていますので、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

ただ、例外も存在しており、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それだけでなく、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら審査に通らないこともありえます。

任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、問題とされることがそうそうないものの、自己破産によって債務整理を考えた時は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が認められないことはもちろん詐欺罪の容疑をかけられる事も考えられます。