借金返済 無料相談 港区

MENU

港区で借金返済の無料相談ならこちら

港区で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、港区に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を港区で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

とはいえ、タダではありません。

借金があるから債務整理をするのに、と思うのも分かりますが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。

けれども、彼らも状況を把握していますから、支払方法を分割や後払いに変更可能など、柔軟に対応してくれる事務所も多いです。

あまり悲観的にならず、まずは問い合わせてみてください。

昔の話ですが、多重債務の状態に陥り、数百万円の借金を負ってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

しばらくしてから今の会社で採用してもらえましたが、それまでの借金の返済が苦しく、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。

実際に債務整理を行った場合、何パーセントくらいを減額してもらえるのかというのは誰もが興味を持つところではないでしょうか。

実際に確認する場合は、弁護士事務所などに相談すると確実です。

とはいえ、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。

このようなケースでは、ネットには無料で債務整理のシミュレーションができるようなサイトがあるので、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくと、良いかもしれません。


原則的に相談は無料でも、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、仕事を依頼しました引き受けましたという意味での着手金が必要です。

額に関する規定は特にありませんから、依頼先によって差はあります。

それと、裁判所の管轄である自己破産と個人再生では、先に成功報酬の金額が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、任意整理の成功報酬は、結果次第でかなり変化します。

銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が記載されることは免れません。

普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。

簡単に言えば個人信用情報のデータベースにアクセスできる金融業界に就職する際には支障が出るかもしれないということです。

どんなに努力して返済したとしても債務整理の記録があれば、状況次第ではそれが元で採用を見送るケースもあります。

会社や採用担当者によって考え方も違うでしょうし、採用されなかったら諦めるほかありません。

一人で債務の返済に悩むのは良くないです。

債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

各地方自治体でも相談窓口がありますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも相談窓口や最寄りの専門家への橋渡しの機能があります。

団体以外に弁護士個人の事務所でもこうした無料の相談を行っていることが多いですから、引き伸ばすよりは早めの相談をお勧めします。


家族に隠して債務整理をしようとするとどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。

仮に任意整理をするなら手続きを全部自分でしようと思わない限りはほとんど家族にばれることはありません。

ですが、それが個人再生や自己破産となれば、世帯収入や資産を公開する手続きが入るので、ばれるのを覚悟した方がいいです。

勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず問題なく内緒にしておけます。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

ですが、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

さらに、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、知らず知らずのうちに借金額が年収を上回るほどに巨大化しているケースも珍しいことではありません。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

出資法を基に、以前は利息制限法を凌ぐ利率での貸付が当たり前に存在していました。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

現代では金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、違法な貸付です。

つまり、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行う事によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。