借金返済 無料相談 水戸

MENU

水戸で借金返済の無料相談ならこちら

水戸で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、水戸に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を水戸で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンの審査に受かることは困難になると思います。

それは、債務整理の経験者はブラックリストに情報が残ってしまうからです。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、時間が過ぎるのを待ってください。

ご存知のように、債務整理後にはJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

これは「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、長期間、銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることが難しくなることを覚悟してください。

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラックでなくなるまでに5年と言われています。

もし今、債務整理を考えている方にとっては、何割くらいの借金の減額が期待できるのかという点はとても気になるところだと思います。

これを知るためには、司法書士や弁護士などが受け付けている無料相談を使うと確実な答えをもらえますが、大げさな感じがして、利用しにくいと感じる人も多いです。

このようなケースでは、ネットには無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、こうしたものでイメージをつかんでおくのも良いでしょう。


債務整理の中でも自己破産や個人再生はすべての債権者が債務整理の対象になるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに個別に行います。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

概して大幅な減額が見込める債権者を対象とすることが多いです。

そんなに債務がないことがわかっている借入先まで交渉に含めると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。

債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、どうしても時間がかかるものです。

たとえば任意整理でしたら、最初に弁護士等に依頼して一連の手続きに着手してから和解や免責などの成果を得るまでの期間は、手際よくこなしたとしても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。

債務整理に着手すると、解決するまでは取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、差押えなどを求めた訴訟を起こす貸金業者などもいるようです。

信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、そこに口座を保有している場合はおそらく凍結されるでしょう。

それは残されている預金を使って債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、もし自己破産を行ったのなら預金残高が20万円に満たないときは法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、それより残高が多い場合だけ返済に充当されるのです。


もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、交渉を債権者が拒否することもあります。

任意整理とは司法が関与せずに交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

間に司法が入らないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

ですから、ろくに返済したことがなかったり、極度に債権者にとって不都合な状況下では和解が成立しない事も考えられます。

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを超える利率での貸付がありふれていました。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

今は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、違法な貸付です。

つまり、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行う事によって過払いとなっていた利息を返してもらえる場合があります。

これがいわゆる過払い金請求です。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ですが、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。

これを拒む事は不可能ですが、債権者との交渉次第では返済を分割払いにする事はできます。