借金返済 無料相談 三次

MENU

三次で借金返済の無料相談ならこちら

三次で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、三次の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を三次で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停のことを指す場合が多いです。

特に、任意整理は手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、債務整理が長期化することがほとんどない点が特徴です。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

任意整理以外のケースでは裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。

自己破産や任意整理などの種類がある債務整理は、どのようなかたちであっても借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。

とはいえ、債務整理の最中に再び借金をすることは厳禁です。

この事実が発覚すれば、更生する余地がないと裁判所が判決を下し、免責が許可されなくなる可能性もあるのです。

覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了したとしても、その後、ある程度の期間、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。

借金を債務整理で処分すると、信用情報機関に金融事故として情報が保存されるため、5年から10年は新規でクレジットカードの申請をしたり、金融機関のローンを組んだり、大手消費者金融を利用することはできなくなります。


支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、支払い総額が却って増えたという話も時々聞こえてきます。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に騙されたパターンです。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、数十万もの代金を請求され、初めて気づいたという人もいます。

割に合わない契約をしないために、何にどれくらいかかるかということは初めに明らかにしてもらうのが大事です。

成功報酬に充てるべく債務整理中に法律事務所指定の口座に積み立ててきた資金は、報酬や経費を払って余った分は依頼者のところに返金されるシステムになっています。

借金を抱えているのに積立なんてと思うかもしれませんが、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)をつい使ってしまったなんてことにもなりません。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲でしておいた方が良いでしょう。

このごろは聞かれなくなりましたが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

簡単にいうと、返済中の借入先に対し払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選べる方法です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、別途請求することになります。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、返済終了後に行えるようになります。


債務整理をしたことがある人はもう借金ができないとは限りません。

ブラックリストから事故情報がなくなった後なら新しい借金ができる場合もあります。

ですが、現在進行形で任意整理を行っているのにさらなる借金をする事は何よりもいけません。

借りられる見込みがそもそも少ないことと、担当弁護士や司法書士にその情報をキャッチされれば、担当を降りると言われかねません。

新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務整理を行ってからいくらかの時間が経過しており、いわゆるブラックリストにあたる信用情報機関の事故情報の中から債務整理をした記録が消されて参照できなくなっている事が欠かせません。

どれほど時間が経てばいいかというのは債務整理の方法により異なり、消えたのか否かを閲覧したければ任意でできます。

所定の期間が終わっていれば、マイホームのローン購入が債務整理経験者にも可能となります。

ここのところ、債務整理についてインターネットを通して相談を受け付けている弁護士事務所も多くあります。

条件に合う事務所が近所にないと気を落とさずに、とにかくネットを経由し現状について相談するメールを送ってみることも考えるべきです。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、やる気を出してまずはスタートラインに立ちましょう。