借金返済 無料相談 三次

MENU

三次で借金返済の無料相談ならこちら

三次で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、三次に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を三次で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、このことが信用情報機関の金融事故欄に載ってしまうでしょう。

具体的にはブラックリストに載ってしまっている状態なので、ある程度の時間が経たなければ、審査が必要な金融機関のサービスを受けることが困難になると知っておいてください。

なお、債務整理を行った場合、情報が信用情報機関から消えるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。

覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了したとしても、その後しばらくは、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。

借金を債務整理で処分すると、個人信用情報機関に情報が残り、ブラック状態になるため、最低でも5年経たなければ、クレジットカードで買い物をしたり、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うといった行動は不可能になるため、覚えておいてください。

借金地獄に陥ってしまった人の一部には、その原因がうつ病だという事例が多いようです。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活を送るために借入を繰り返していたら債務が膨らんでいたとは、相談しにくいことですから、一人で悩み続けてしまいやすいのです。

ですから、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。


個人が債務整理を行う場合、まず最初に法律事務所や法務事務所などに対し、着手金を払う必要があります。

すべてが終われば成功報酬も必要ですし、着手金や報酬以外の出費としては、所轄の裁判所ならびに債権者のもとに行くための交通費や、裁判所への申し立て書などに貼る印紙の代金(金額や件数で異なる)等も忘れてはならないでしょう。

とはいえこの辺の出費は実費だけを払うものですし、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

たとえば自己破産なら、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

そして個人再生を行う場合は、原則として解約する必要はないものの、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

記録がある間は当然ながらローンを新たに組むことは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は法的に免責許可が確定した時を基準とし、その他の債務整理を行った場合はローンを完済してから、少なくとも5年間は残ります。


インターネット上で債務整理の相談を受けている弁護士事務所も最近では少なくないようです。

都合のいい事務所が近隣にはないと悲嘆していないで、さておきネットを開いてみて自分の状況についてメールで相談に乗ってもらうこともいいのではないでしょうか。

電話と郵送で手続きを完了させることも任意整理ならばできますし、やる気を出して第一歩から始めてみましょう。

以前に債務整理をしたことがあり、さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

個人再生か自己破産によって債務整理をした人は、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときより認めてもらうのが難しいですし、二回目の自己破産ならば尚のこと簡単にはいきません。

昔は出資法に依拠して、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が当たり前に存在していました。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

現行は利息制限法の上限を上回る金利は法に背いていることになります。

すなわち、借金をグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行うと払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。