借金返済 無料相談 長野

MENU

長野で借金返済の無料相談ならこちら

長野で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、長野の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を長野で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンの審査に受かることは困難になると思います。

それは、債務整理の経験者はブラックリストに情報が残ってしまうからです。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、時間が過ぎるのを待ってください。

ご存知のように、債務整理後にはJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

これは「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、長期間、銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることが難しくなることを覚悟してください。

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラックでなくなるまでに5年と言われています。

もし今、債務整理を考えている方にとっては、何割くらいの借金の減額が期待できるのかという点はとても気になるところだと思います。

これを知るためには、司法書士や弁護士などが受け付けている無料相談を使うと確実な答えをもらえますが、大げさな感じがして、利用しにくいと感じる人も多いです。

このようなケースでは、ネットには無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、こうしたものでイメージをつかんでおくのも良いでしょう。


どういった債務整理であれ、結果が出せるまではそれなりの時間がかかるものです。

たとえば任意整理でしたら、司法書士や弁護士などに相談して受任通知を送付してから結果に至るまでには、手際よくこなしたとしても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

本来、こうした手続きをしている間は、取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、強制執行などを求めて訴訟を起こされることはあるようです。

債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、債務が免責となる自己破産とは異なり、必ず返済しなければなりません。

その返済をおろそかにすると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、当然ながら遅延利息を含めたすべての債務を一括で返すように求められるはずです。

和解や再生計画の内容は守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。

弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、最初に着手金が必要で、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、印紙や交通費、切手代などの実費です。

また、任意整理を選択した際は報酬は減額幅によって違い、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

そして自己破産の場合はというと、債務の免責が許可されれば規定の成功報酬を払うことになります。


名字が結婚や離婚で変わった時、債務整理の記録がゼロになるのかと言えばそうではありません。

新しくカードを作ろうとするときに申込書で旧姓を書く部分もよく見られますし、本人確認では氏名以外の情報もあります。

それに、万一、審査をくぐり抜けても、後に債務整理の記録が明るみに出た時点で即座にカード利用の停止やカードの返却要請がされる恐れもあるかもしれません。

普通は債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

新たにパスポートを取得したい時も差し障りはありません。

けれども、例外が唯一あります。

と言うのは、自己破産の申立をしているただ中だけは、絶えず裁判所に対して自分の居場所を届けておくことが求められ、裁判所が許可した場合でないと転居や旅行は許されません。

免責が裁判所に認可された後であれば債務整理の他の方法と同じで、制約はありません。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚をする場合、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活において発生したものであれば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

基本的に、財産と呼ぶのはプラスの資産のみに限らず、マイナスの資産も同様なのです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、その理由がギャンブルなど個人的なものであれば婚姻中に生じた借金だとしても分与される財産とはなりません。