借金返済 無料相談 長崎

MENU

長崎で借金返済の無料相談ならこちら

長崎で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、長崎に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を長崎で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして債務を何とかしようと考えていたのですが、その時にはもう借金が増えすぎていて担当の弁護士から個人再生を勧められる状態でした。

車は引き上げられてしまいましたが、住宅を残しておけただけでも嬉しかったですね。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、今は気持ちも落ち着いています。

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。

こうなってしまうとブラックとして扱われるため、時間を置かないと、審査が必要な金融機関のサービスを受けることが困難になると知っておいてください。

債務整理の場合、情報が消えるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚を控えていても無関係です。

債務整理の結果、婚約者や家族が返済義務を負うことは絶対にありません。

とはいえ、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進んだ方が良いと思います。


最近では任意整理をするときは、依頼時から任意整理の交渉が終了するまでの期間中、司法書士や弁護士事務所などに積立金をするといったケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると債権回収業者や金融機関への債務返済がとりあえず中断されるため、浮いた分を積み立てておき、一連の債務整理が終了したあとに弁護士報酬に充当するのです。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、法務事務所(法律事務所)に依頼するとすぐに手続きが始まります。

手続きが始まると、依頼主の事情によりやめたいと言っても、受任通知を送ったあとでは止めるというのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。

まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは取り下げることはできませんので注意してください。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に依頼したほうが良いでしょう。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、もし自己破産をすると返済中でも契約は解除され、売った代金を返済に充てるために、家や車は売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。

自己破産以外の債務整理ではそういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

つまり月々の支払いさえ遅滞なく行っていれば問題ないわけで、返済金捻出のために家や車等を売る必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。


債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。

自己破産については借金全てから自由になりゼロからスタートを切れます。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は守ることができます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、その上、借金の金利や借入期間によって過払い金を返還してもらえる場合もあります。

弁護士か司法書士かを問わず、債務整理の依頼を引き受けるならその前に絶対に担当者その人が債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が通達しています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、実際に会って面談することなく請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務への違反となります。

パチンコや競馬などのギャンブルで出来た借金も債務整理はできます。

ですが、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで返済義務は依然としてある方法に限られます。

全借金をゼロにする自己破産ではギャンブルで作った借金については免責不許可事由として取り扱われ、破産の申立を裁判所に行ったとしても免責される見込みは少ないでしょう。