借金返済 無料相談 名古屋

MENU

名古屋で借金返済の無料相談ならこちら

名古屋で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、名古屋に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を名古屋で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、債務の総額が300万になってしまいました。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職もうまくいかず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

その後、しばらくして就職先が見つかりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

債務整理手続きを取るには、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。

もちろん、無料ではありませんから、そのお金を工面することができないと考える人も少なくありません。

ですが、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、分割や後払いでも支払うことができます。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、債務整理の依頼に関して、金銭的な心配はあまり必要ありません。

もし、債務整理をしたのであれば、抱えた借金を減らすことができるでしょう。

ただし、債務整理を行ったことは信用情報機関に載ってしまいます。

つまり、ブラックとして扱われるため、借入やローンの審査で落とされるようになります。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、気を付けなければいけません。


債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、安定収入のない人は手続きできません。

個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、完済まで月々返済していかなければなりません。

払い続けていくためにも本人に収入があることが求められるのです。

自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に交渉を行うことになっているので、全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して任意整理の申立をします。

しかし減額交渉は任意ですから、もし債権者がいやだと言えば当該債務の減額は不可能です。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生や任意整理といった債務整理をしたあとでも、生命保険に加入することについては何の制限も受けません。

一般に保険というのは加入時にCICやJICCなどの個人信用情報を参照することはないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないでしょう。

それに、生命保険の加入は保険料の支払いさえあれば可能なので、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。


既にある利息とこれから発生する利息をカットすることで元金のみを返済していく方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者と談判して、話がまとまったならば、支払総額は利息がなくなる分減るので、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

元金の額も減らない限り返済が困難な人は、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。

借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、140万円以内に合計額が収まっていないと受託できないという決まりがあります。

絶対に140万円に満たないというケースなら依頼する相手はどちらでも良いでしょうが、もしかしたら上回るかもという案件は弁護士に頼む方が安心でしょう。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、債権者からの取立てを受けたとしても債務者への取立てを促し支払拒否ができます。

しかしながら、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、返済されていない分の取立てが債権者から保証人に対して始まります。

これには保証人は拒否権を持ちませんが、債権者に談判をして分割で支払いをする事は可能です。