借金返済 無料相談 新潟

MENU

新潟で借金返済の無料相談ならこちら

新潟で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、新潟に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を新潟で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

任意整理は、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目指します。

この時に金銭的余裕が生まれたら、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括ですべて払い終えることができます。

もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者に対する返済の問い合わせは、この弁護士などを通した方がスムーズに話が進みます。

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して返済の負担を軽減するつもりでしたが、債務額が大きかったので最終的に個人再生を選びました。

趣味の車は処分されましたが、住宅を残しておけただけでも不幸中の幸いでした。

最終的に、債務は相当減らすことができましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、スッキリした気持ちです。

多重債務者の強い味方になる債務整理ですが、デメリットも抱えています。

その一つが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

つまり、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

債務整理には複数の方法があり、どのような債務整理の方法を選択するかによって制限が解除されるまでの期間が最短でも5年間から10年間と異なり、一律ではありません。


個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が過去のローンの利用状況などと共に記載されています。

記録は信販会社の利用以外はもちろん、就職に影響する可能性もあります。

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に就職を希望している場合は、少々不利かもしれません。

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、状況次第ではそれが元で不採用につながる可能性が高いです。

いずれにせよ、採用されなかったら諦めるほかありません。

一口に債務整理といっても色々ありますが、いずれも弁護士等による債務整理の介入通知が送られた段階で、債権者による取り立てや連絡等の行為はピタッと止みます。

ただ、同じ債務整理でも個人再生と自己破産ではすべての借入先が手続きの対象となるものの、弁護士を介して当事者同士が交渉する任意整理では、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

よって手続き対象でない借入先からの連絡、督促、取立てなどの行為は止めることができませんから、注意が必要です。

各種ローンを組む際やクレジットカードの審査時に重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここには債務整理をした過去についても記載が残っています。

この履歴が記録されているうちは原則として新規借り入れは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、個人再生や任意整理の手続きをした時は残債の返済が終わった時点を基準に、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。


最近の弁護士事務所の中には、インターネットを介して債務整理の相談に応じるところもたくさん聞かれます。

条件に合う事務所が近所にないと悲嘆していないで、とにかくネットを経由しメール相談という形で自分の状況を説明してみることもいいのではないでしょうか。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、くじけずに最初のステップを踏んでみましょう。

どういった形で債務者が借金を整理するかによって4つの異なる方法により債務整理が可能です。

つまり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つになります。

個々にどれくらい借金を圧縮できるのかや裁判所が介在するか否か等、違った手続きになります。

共通な点として挙げられるのはある程度の期間、事故情報が信用情報機関に記載されるので、新規の借入はそれがなくなってからでないとハードルが高いという事でしょう。

債務整理で借金を整理するにも、何種かの方法が考えられます。

元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、元金を減らせないと駄目なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

個々の状況次第で妥当な方法も違ってきます。

自ら手続きを行う人もいますが、心もとなく思うようなら知識の豊富な弁護士や司法書士の知恵を借りましょう。