借金返済 無料相談 新座

MENU

新座で借金返済の無料相談ならこちら

新座で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、新座に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を新座で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、実際に債務整理を行うのであれば、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。

もちろん、無料ではありませんから、お金がないと依頼することも不可能だと思っている方も多いようです。

実は、こうした依頼料は債務整理が完了した後に、分割払いなどで支払うことも可能です。

依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用や住宅ローンなどを利用するのもできなくなると理解しておいてください。

それというのも、返済できない程の借金をしたということで、金融事故歴があると信用情報機関に載ってしまうからです。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、時間を置く必要があります。

借金の返済が滞るようになってくると、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。

借金を踏み倒そうとしている訳ではないのですが、結果的にお金が足りず延滞してしまうというのは、多くの人が経験しています。

弁護士事務所などに相談して、今後の返済計画が立てられないとなったら、債務整理を行う手続きに入ります。

この間は債権者が取り立てを行っていますし、本人も辛い気持ちになることは間違いないでしょう。

ですから、先手を打って行動することを心掛けてください。


ローンの返済が苦しくて債務整理をしたのに、支払い総額が却って増えたという人もいるようです。

性の悪い弁護士事務所や司法書士等にカモにされてしまった例です。

債務の減額を求める任意整理で、減額幅が40万円弱のときに50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

たちの悪い業者にひっかからないように、何にどれくらいかかるかということは初めに明らかにしてもらうのが大事です。

強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えの原因となっている債権者を含めて債務整理すると、今まで続いていた差し押さえは解除になるのが普通です。

しかし残念ながら任意整理については差押を解除しなければいけないという規定はないため、当分は給与を差し押さえられた状態が続くでしょう。

和解交渉を急いで行い、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、身動きがとれなくなってしまいます。

家や車などのローンを完済する前に債務者が自己破産を行うと、返済中でも契約は解除され、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために売ることになります。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

また、これらを売却して返済に充てる必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。


ついつい借金をしがちで、繰り返し債務整理をすることはできるのかと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

原則としては何度してもかまいません。

そうは言っても、債務整理の経験がある人がまた債務整理を行いたいと言うと、どんな方法で債務整理を行うかでも変わりますが、承認が困難になることもありえます。

軽々しく債務整理に頼ろうとするのはやめておきましょう。

弁護士および司法書士は、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を掲げています。

メールや電話で事前相談をする事もできますが、実際に会って面談することなく請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務に背いている訳です。

借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を債務整理によって整理することができますが、唯一整理できないのが各種税金です。

破産法(自己破産について規定した法律)にも租税請求権は免責されない旨が明記されています。

納税は国民の三大義務というだけあって困窮し、自己破産した人であろうと解放はされません。

とは言え、役場でいきさつを伝えて相談の上で分納を検討してもらう事はできます。