借金返済 無料相談 岡山

MENU

岡山で借金返済の無料相談ならこちら

岡山で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、岡山の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を岡山で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

かかる料金や実績をチェックしてから、債務整理を依頼する弁護士を決めるのがおススメです。

でも、料金についてはよく確認しておかないと、手付金自体の価格は低料金だとしても、その他の費用で高いお金を払わされることもあるので、気を付けましょう。

ネットの評判などを参考にして良さそうな弁護士事務所を探し、実際に無料相談などを受けてみて、事務所や弁護士の説明に納得してから、正式に債務整理の手続きを進めてもらいましょう。

もし、債務整理を行っても、周りの家族に悪影響が出ることはないです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、銀行のローンや借入ができなくなるなどという心配はありません。

けれども、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、注意してください。

情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

その後、しばらくして就職先が見つかりましたが、毎月の収入に返済が追い付かず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。


債務整理を行うときの対象として銀行が含まれていると、債務者自身が保有している口座がそこにある時はおそらく凍結されるでしょう。

それは残されている預金を使って返済に充当するためです。

しかし、例えば自己破産でしたら同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は本人のものとして残すことができ、20万円を超える預金のみ借金の返済に回されるわけです。

勇気を出して決めた債務整理なのに、担当弁護士に対する不信感が拭えず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、「解任」ということになります。

簡単な手続きですが、うっかり見落として別途よそと契約してしまうと、債権者のところへは新旧両方の受任通知が届くわけですから、トラブルを招きかねません。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて新しい依頼をするようにしましょう。

任意整理の場合、減額後も借金が残るので、返済していく必要があります。

債務整理はしたものの、肝心の減額が思うようにできなかったという例も少なからずあるみたいです。

こんなはずではなかったと後悔しないよう、債務整理を行う前にはよく考えなければいけません。

無料で債務相談ができる弁護士事務所なども存在しますし、プロの意見を聞きながら対策を立てるというのも手です。


普通は一個人として債務整理が行われるため、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

ただ、その例から漏れるものもあり、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

加えて、同じ住所に住んでいる家族が新しくカードを作ろうとすると審査に通らないこともありえます。

月々の返済が大変な時に起こすアクションといった点は共通ですが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合にその不動産を売り払って得たお金をそのまま返済の足しにする事を言います。

他方、債務整理というのは支払いが無理になった借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。

場合によっては不動産ローンと借金どちらも支払えなくなるケースもあるかもしれませんが、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。

ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理はメリットがそれぞれに違っています。

自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなりゼロからスタートを切れます。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は引き続き保有できます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、その上、借金の金利や借入期間によって過払い金を取り戻せることがあります。