借金返済 無料相談 岡山

MENU

岡山で借金返済の無料相談ならこちら

岡山で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、岡山に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を岡山で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

車を処分を避けるのであれば、車のローンはそのままで、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。

けれども、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を所有する許可が下りませんから、専門家に状況を説明し、車を手放せない理由について説得できるようにしておきましょう。

債務整理手続きを取るには、弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしてください。

もちろん、無料ではありませんから、お金を用意できなければ依頼できないと思っている方も多いようです。

ですが、実際のところ、こうした依頼料は後払いや分割払いにも対応しているところがほとんどです。

依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、まずは相談に行くことをおススメします。

多重債務などで債務整理をした場合、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

あくまで期限付きですが、JICCでは、ほとんどの債務整理において約5年間は保存されます。

CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、別の方法で債務整理を行っている場合、登録自体がされないようになっています。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングが利用できないでしょう。


度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、必要に応じて債務整理をすることはできます。

その際とられるのは主に訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになる場合もあります。

それから減額の交渉をして和解成立となれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、同じ債務整理でも自己破産とは違って、債務そのものは残るので、返済義務があります。

ただ、返さなければ、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、それまでの延滞金を合わせた一切の債務を一括返済するよう要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。

任意整理の和解や個人再生での再生計画は順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここには債務整理をした過去についても記載が残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態で新規借り入れは不可能です。

自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、自己破産以外の債務整理を行った際はローンを完済してから、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。


債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の一切の借金がなくなる強力な方法です。

そうは言っても、申立をした人が誰でもできるとは言えず、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。

申立後、免責の可否が決まるまでの免責期間は、当人に財産が有るか無いかで異なります。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。

普通は債務整理の対象は個人に限定されていますので、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

ただ、例外も存在しており、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それだけでなく、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら審査に通らないこともありえます。

任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、問題とされることがそうそうないものの、自己破産によって債務整理を考えた時は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が認められないことはもちろん詐欺罪の容疑をかけられる事も考えられます。