借金返済 無料相談 大阪

MENU

大阪で借金返済の無料相談ならこちら

大阪で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、大阪に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を大阪で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産のことを指す場合が多いです。

一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに時間がかからないというメリットがあります。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、取り立ての電話や手紙も止まります。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所が関与するため、官報にも掲載されるでしょう。

債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いすると良いでしょう。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、裁判に強いのは、やはり弁護士です。

弁護士であれば、債務整理手続きを始めたその日に取り立てをやめさせることができるハズです。

もし、任意整理や個人再生をするのであれば、債権者の同意が必須です。

任意整理であれば、各債権者ごとの債務が対象なので、各債権者との交渉を個別に行っていきますが、強制力はありませんから、債権者の中には交渉に応じないものもあるでしょう。

もし、個人再生をした場合は、任意整理の場合と異なり、複数の債務を一度に減額することになります。

ですが、再生計画案に債権者の半数以上が賛成しなければ許可されません。


よく「破産」などと言いますが、債務整理の手続きは3通りあり、裁判所の判断を仰ぐ個人再生、弁護士等を通して交渉する任意整理、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、本人に収入がなければ選択することはできません。

なぜなら任意整理の和解も個人再生の再生計画も「債務の減額」が趣旨であり、手続きが終了したあとも債務を返済していく必要があります。

その返済のために安定収入は欠かせないものなのです。

借金が返済しきれず債務整理で生活の立て直しをはかりたいと思ったら、いまではスマホやパソコンを使えば比較的簡単に債務整理にかかわる情報を得られるようになりました。

しかし会社や自宅のパソコンから検索をかけると、各種履歴が残ることにより借金の状況が他人に漏れやすくなります。

PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いでしょう。

もし自己破産による免責を受けたあとや、個人再生や任意整理といった債務整理をしたあとでも、一般の生命保険への加入については本人の望むように行えます。

生命保険等の加入に際してはCICやJICCなどの個人信用情報を参照することはないですし、自分から言わない限り債務整理がわかることはないでしょう。

それに、月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。


通常、債務整理で国内外の旅行や転居が制限されることはありません。

新規にパスポートを取得するにも不都合となることはありません。

ですが、そうは言えない例が1つだけあります。

自己破産の申立をしている時限定で、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

免責が裁判所に許可された後はその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

大抵は個人単位で債務整理を行うので、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ただ、例外も存在しており、既婚男性が債務整理をしたとしてその妻が専業主婦ならば、クレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると落ちてしまうことも否定できません。

債務整理の手続きは一通り自分でやる事が可能とはなっていますが、そのやり方は極めて面倒です。

それから、任意整理においては直々に債権者と交渉を要するため、ずぶの素人を相手にしていることが知られると交渉しづらくなることもあるでしょう。

費用が求められますが、弁護士または司法書士に委任するのが順調に手続きするにはベストです。

費用に関する相談は法テラスで受けてもらうことができます。