借金返済 無料相談 大津

MENU

大津で借金返済の無料相談ならこちら

大津で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、大津に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を大津で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融機関でローン審査をパスできなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、注意してください。

弁護士に債務整理を依頼する場合、選び方にもポイントがあります。

まず、弁護士事務所の価格と実績を調べると安心でしょう。

ただし、料金システムをきちんと把握しておかないと、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、他に必要な料金が高く設定されているところもあるので、要注意です。

ネットの評判などを参考にしていくつかの事務所をピックアップしておき、事務所が行っている無料相談などに参加し、納得できる説明をくれる弁護士ならば、正式に依頼しましょう。

債務整理をしたいけれど婚約者がいるという場合ですが、あくまで債務整理は債務者の借金と財産を清算するものですから、仮に結婚前でもとくに問題が生じることはありません。

普通、債務整理で借金を処分したからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられる可能性は一切ありませんから心配は無用です。

ただ、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

正直に事実を伝え、結婚へ進みましょう。


いかなる債務整理であっても、司法書士や弁護士に頼めば作業が発生します。

手続き中に仮に債務者側の事情で中断して、無かったことにしたいと思っても、既に進んでしまっている債務整理を中止するのは容易なことではありません。

とりわけ、裁判所に申し立てを行う自己破産の場合はキャンセルが効かないものと思ってください。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に依頼したほうが良いでしょう。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、免責される自己破産とは訳が違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

もしその返済の約束を破るようなことがあれば、和解破棄、再生計画取り消しということになり、当然ながら遅延利息を含めた一切の債務を一括返済するよう要求されるでしょう。

実際は一回程度の遅れでは大丈夫かもしれませんが、任意整理の和解や個人再生での再生計画はきちんと守れるような生活をしていかなければいけません。

債務には金利がつきものですし、返済が遅れれば遅延損害金が発生します。

しかし、依頼を受けた法律事務所などから「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、通知が相手に届いた時点から生じなくなります。

ただし、返済がストップして以降、手続き開始に至るまでの期間に遅延利息がかなり増えていることもしばしばです。

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、その延滞利息をカットするよう要請したほうが良いでしょう。


債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済をしていくもので、通常は借り入れの元金は不変です。

かたや民事再生では返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。

任意整理による債務整理では、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

しかしながら、元金カットも要望する時は、ハードルは高いでしょう。

担当が交渉力の卓越した弁護士や司法書士ならばもしかしたら減額されることもありえるかもしれませんが、元金の減額を承諾してしまうと債権者に損失となることは自明なので、そうそう同意は得られません。

借金の原因がパチンコや競馬などギャンブルの場合も債務整理をしてもかまいません。

そうは言っても、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は依然としてある方法に限られます。

あらゆる債務を清算できる自己破産であってもギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由に定められているので、裁判所に破産の申立をしたところで恐らく免責されないでしょう。