借金返済 無料相談 大津

MENU

大津で借金返済の無料相談ならこちら

大津で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、大津に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を大津で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

急な出費の助けになるカードローンですが、返済能力を超えた使い方をすると返済時に苦しい思いをすることになるでしょう。

これ以上の返済が不可能になった時には債務整理が有効な手段になります。

この場合、任意整理以外の債務整理を選択すれば、裁判所を通して債務を返済可能な状態になるまで減らすことができるでしょう。

ですから、多重債務を解消し、安定した日常を送れるようになります。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。

でも、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため十分注意しておきましょう。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

その一つが、信用情報機関への登録でしょう。

平たく言えば、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、選んだ債務整理の違いで制限が解除されるまでの期間が約5年間から10年間と違いがあります。


個人再生や任意整理を行う際は原則として安定収入があることが前提となりますが、現状で生活保護を受けている場合は、収入とは見なされないので注意が必要です。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、理由はどうあれ生活保護費を借金返済に充ててしまったら、生活保護費の支給を打ち切るといった例も過去にありました。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている人が債務整理をするなら、自己破産のほか手はないと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

親や配偶者などの遺産を相続する場合、何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、債務が相続財産を上回る場合は思いもよらぬ借金を抱え込んでしまいます。

でも、そうなれば債務整理という手段があります。

ここで行われるのは任意整理であって、弁護士や認定司法書士の手を借りて債務の金額の減額を交渉します。

こうした事態を招かぬよう、遺産の相続は慎重に行いましょう。

一般に債務整理というのは結果を出すまでにどうしても時間がかかるものです。

やっと任意整理を行う決断をしたとしても、法務事務所や法律事務所などに依頼し、債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、3か月ほどかかるのが普通で、状況によっては半年近くかかるケースもないわけではありません。

本来、こうした手続きをしている間は、催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。


借金について手続きの相談を持ちかけるとしたら、 弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を行うには、司法書士だと140万円を超える合計額では受託できないという決まりがあります。

絶対に140万円に満たないというケースならどちらでも結構ですが、上回ることも見込まれるなら弁護士に頼む方が安心でしょう。

たった一度の債務整理のせいでもう借金ができないとは限りません。

ブラックリスト上の事故情報がなくなれば再度お金を借りられなくはありません。

ですが、現在進行形で任意整理を行っているのにさらなる借金をする事は何としてもやめておきましょう。

借りられる見込みがそもそも少ないことと、その行動について担当弁護士か司法書士の耳に入ると、担当を降りると言われかねません。

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が日常茶飯事でした。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

現代では金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、法律違反です。

すなわち、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。