借金返済 無料相談 相模原

MENU

相模原で借金返済の無料相談ならこちら

相模原で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、相模原に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を相模原で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、実際に債務整理を行うのであれば、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。

もちろん、無料ではありませんから、お金がないと依頼することも不可能だと思っている方も多いようです。

実は、こうした依頼料は債務整理が完了した後に、分割払いなどで支払うことも可能です。

依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用や住宅ローンなどを利用するのもできなくなると理解しておいてください。

それというのも、返済できない程の借金をしたということで、金融事故歴があると信用情報機関に載ってしまうからです。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、時間を置く必要があります。

借金の返済が滞るようになってくると、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。

借金を踏み倒そうとしている訳ではないのですが、結果的にお金が足りず延滞してしまうというのは、多くの人が経験しています。

弁護士事務所などに相談して、今後の返済計画が立てられないとなったら、債務整理を行う手続きに入ります。

この間は債権者が取り立てを行っていますし、本人も辛い気持ちになることは間違いないでしょう。

ですから、先手を打って行動することを心掛けてください。


親や配偶者などの遺産を相続する場合、何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、遺産より借金のほうが多いと、相続人は一気に借金を背負うことになってしまいます。

けれども、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

ここで行われるのは任意整理であって、司法書士や弁護士といった専門家を介して債権者と減額交渉を行うことになります。

知っていれば回避できる問題ですから、相続というのは慎重に行うべきです。

返済の見込みが立たなくなって債務整理で生活の立て直しをはかりたいと思ったら、いまではスマホやパソコンを使えば債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に知ることができるのは有難いかぎりです。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ等から借金していたことや債務整理を希望していることがばれないとも限りません。

PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いでしょう。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって銀行や信販会社は個人信用情報を見て判断します。

もちろんそこには債務整理をした過去についても記載が残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態で新規借り入れは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は裁判所で免責が決定してから、任意整理や個人再生の場合は残債の返済が終わった時点を基準に、少なくとも5年間は残ります。


出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が日常茶飯事でした。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

今現在は利息制限法の上限を上回る金利は法律違反です。

ですから、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚をする場合、生活費に費やすための借金などそれが婚姻生活において発生したものであればマイナスの財産として分与の対象となります。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスの資産も同様なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与からは除外されます。

さて、住宅ローンの審査通過のためには債務整理を経験してからそれなりの時が経ち、信用情報機関に管理されている事故情報(通称ブラックリスト)から債務整理を行った記録が消去済である事が最低限求められます。

どれくらいでそうなるかというと債務整理に選んだ方法ごとに差があり、消えたのか否かを閲覧したければ任意でできます。

記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。