借金返済 無料相談 さいたま

MENU

さいたまで借金返済の無料相談ならこちら

さいたまで借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、さいたまに住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談をさいたまで考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

実際に債務整理を行う際の注意点です。

これは借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。

もしかすると、この債務整理中にも、また借金をしてしまう人がいるかもしれません。

とはいえ、債務整理の最中にまた新たに借金をするようなことはしないでください。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判での風向きが変わり、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残ることもあります。

きちんと債務整理を完了したとしても、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは住宅ローンなどを利用するのもできなくなるでしょう。

それは、返済できない程の借金をしたということで、ブラックリストに情報が保存されることが原因です。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、時間が過ぎるのを待ってください。

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、相場を理解できるはずです。

債務の内容が複雑なケースでは、さらに費用がかさむこともありますが、よくある多重債務であれば、掲載されているような標準料金で依頼を受けてくれるでしょう。

どの弁護士事務所に問い合わせるかによって、料金はもちろん、対応も変わりますから、信頼できそうな弁護士事務所を探してみてください。


延滞する位ですから弁護士への着手金を用意するのも大変でしょう。

しかし、それでも状況次第では債務整理の手続きをお願いすることは可能です。

一般的には着手金に代わるものとして手付を出来る限り支払うようにするのです。

不足分は債務整理手続き中の債務の返済をしなくても良い時期(3か月から半年程度)に積み立てをして、諸経費や成功報酬などと共に最後に清算するのです。

いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

債務整理の相談に行った際は、こうした積立方式を提案されるようです。

認知度は高くないようですが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

返済すべき債務があり、なおかつ払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選択できる手法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停時に過払い金請求を盛り込むことはできませんので、日を改めて過払い金請求をする必要があります。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、返済終了後に行えるようになります。

以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、その他の債務整理を行ってからでも、医療保険や生命保険を契約するに際しては何の制限も受けません。

一般に保険というのは加入時に個人の信用情報を利用することはありませんから、自分から言わない限り債務整理がわかることはないです。

つまり、保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。


債務整理をしたことがある人はこの先借金は全てNGというわけではありません。

事故情報がブラックリストから消去されたら借入をまた行える見込みはあります。

だからと言って、任意整理中の身でさらに借りようとする事は決してしないでください。

借りようとする事がもはや無謀な上、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。

これまでに債務整理をしたことがある上で、さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときより認めてもらうのが難しいですし、かつ二回目の自己破産ともなると、相当な難しさになるでしょう。

全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、これを申請しても免責されないというケースも存在します。

借入金の用途がまずかったりするとそうなってしまいます。

一例として、ギャンブルや投資への利用や、身に余るほどの買い物をしょっちゅう行っていたりするとそうしたケースになります。

こういった訳で免責されないとなれば、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。