借金返済 無料相談 さいたま

MENU

さいたまで借金返済の無料相談ならこちら

さいたまで借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、さいたまに住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談をさいたまで考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もしクレジットカードを所有している人が債務整理をしたら、クレジットカードの更新が不可能になるケースがあります。

債務整理をすると、信用情報機関に事故の記録が残り、情報を共有されるのです。

まだ有効期限を迎えていないのに、使えなくなるケースもあるため、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、他の方法を考えなければいけません。

どれくらいまで借金がかさんだら、債務整理を行うべきかということは、人それぞれだと言わざるを得ません。

借金が数十万といった額であれば、他の業者などで融資を受け、以前の借金を支払うという方法も、不可能ではないでしょう。

でも、すでに借金があるので、お金の工面には相当苦労すると思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見てもらうようにしましょう。

債務整理は、弁護士に依頼してください。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に携わることを禁じられています。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判での心証がプラスになります。

さらに、弁護士にお願いした場合は、債務整理手続きに入ってから、すぐに債権者からの取り立てを法律的に止めることも期待できます。


借入先や回収業者からの取立てや催促に困っている時にいわゆる債務整理に踏み切ると、弁護士等から借入先あてに債務整理の介入通知書が送られた時点で、その債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、手続きを頼んでいる弁護士などにすぐに相談し、対応してもらいます。

自身が対応する必要はないですし、いちいち対応するのは意味がありません。

奨学金の借り入れをする場合は保証人と連帯保証人の両方が必要ですが、債務整理をした人が保証人になると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。

そうした事情で保証人が立てられないときは、保証機関に連帯保証をしてもらうと、保証人はもちろん連帯保証人も不要で貸与型奨学金を申し込むことが可能です。

保証料は毎月分割で払いますが、貸与される奨学金から差し引かれるので振込額は若干減ります。

免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、債権者全部が対象ですが、裁判所を通さない任意整理の場合は、文字通り対象を任意で選択し、1つずつ処理していくので、全部の債権者に対して交渉するのではなく、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して任意整理の申立をします。

しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、その債務については減額は見込めません。


もし、任意整理であれば特に関係無く、個人再生であれば基準が厳しくないため、さほど問題にされることがないですが、債務整理を自己破産で行う時には、財産隠しは禁忌の一つです。

破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法で上限の規定があります。

基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が認められないことはもちろん悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、料金を支払う事が困難であれば方法としては法テラスで相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、金銭的に余裕のない人のために民事法律扶助制度により、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に立て替え、少しずつ返済可能にしてくれます。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

けれども、元金を減額してもらおうとすると、非常に大変です。

担当が交渉力の卓越した弁護士や司法書士ならば万一減額の可能性もあるでしょうが、元金の減額を受け入れた場合、明らかに債権者にとっては損になりますから、滅多な事では受け入れられません。