借金返済 無料相談 渋谷区

MENU

渋谷区で借金返済の無料相談ならこちら

渋谷区で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、渋谷区に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を新宿で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

実際に債務整理を行った場合、どれくらいの減額が望めるのかというのは最も気にかかるポイントではないでしょうか。

確認方法は、弁護士事務所などの無料相談で状況を説明すると間違いありません。

ですが、少しハードルが高いですよね。

ホームページなどでは、債務整理のシミュレーションができるものもあるため、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくのも一つの手でしょう。

人には話したくないこともあると思いますが、弁護士にはすべて正直に話してください。

信頼関係が損なわれるどころか、債務整理が失敗する可能性もあります。

自己破産というものは、そもそも、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

返済能力に偽りがあれば、そもそも債務整理の意味がありませんし、債権を放棄した会社も納得しません。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、このようなことは考えないでください。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、売掛金が残っていると、資産扱いになります。

仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生で債務を整理した結果、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。

とはいえ、売掛金として100万円がある場合は、5分の1は債務に上乗せされるため、結果的に220万円を支払う必要があります。


法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、いかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では借入先1件ごとの債務額が最大140万円まで(利息込)と制限されています。

さらに、個人再生や自己破産の手続きをする場合、書類の作成は代行してくれるものの、弁護士は代理人になれますが、代理人として司法書士を任命することは原則としてできませんので、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。

どの債務整理にでも言えることですが、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定により行ってはいけないことになっています。

とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に訴訟に踏み切られるケースもあります。

そもそも任意整理というのは裁判所を介さない手続きですが、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

貸金業者の中には任意整理を嫌い、即、裁判を起こすところもある位です。

個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する減額、免責の手続きをする時は、代理人として司法書士を立てることはできません。

ですから司法書士は書類作成代理人としての役目を主に行います。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

自己破産のように債務が免除される場合は司法書士に依頼してしまうと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。


多くの弁護士事務所があるため、どこに債務整理を依頼するかという判断は難しいですよね。

なんとか良い弁護士を選びたいと思ったら、なんといっても債務整理に造詣が深く、受任実績が豊富にある所に頼むのが最善です。

公式サイトを持っている法律事務所ばかりですから、債務整理の経験をサイト内で高らかに謳っているかどうかを確かめておくと判断基準のひとつとなるでしょう。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に利息支払いが過剰だったならば返還を請求できる「過払い金返還請求」があります。

過払い金返還請求に際しては、当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類が欠かせません。

取引の履歴に目を通して、利息を正確に算出できるので、多く支払われていた利息の還付が受けられるでしょう。

月々の返済が大変な時に起こすアクションというのは同様ですが、いわゆる任意売却というのは購入した不動産のローンの返済が手詰まりになった際に該当する不動産を売ってしまい、そのまま返済の足しにする事を言います。

かたや、債務整理というのは支払いが無理になった借金の完済のために、状況に応じた方法を選んで整理する事です。

悪い時には不動産ローンも借金も両方とも支払えないケースがあるでしょうから、そうした時には任意売却と債務整理を両方とも行わなければなりません。