借金返済 無料相談 新宿

MENU

新宿で借金返済の無料相談ならこちら

新宿で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、新宿に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を新宿で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

すぐにお金を融資してくれるカードローンはとても便利なものですが、使い過ぎた結果、借金地獄に陥る可能性があります。

返済不可能なまでに借金がかさんだ場合には債務整理が有効な手段になります。

個人再生などの債務整理をすれば、裁判所の判決によって借金を帳消しにしたり、大幅に減額してもらえます。

なので、複数の債権者からの取り立て行為も止まり、日常生活をやり直すことができます。

債務整理をすると、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースではとくに記録として保存されることはありません。

ブラックになっている期間中は、ローンやクレジットカードの審査に落ちる可能性が高いです。

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも選んだ方法の違いで時間も変わります。

とはいえ、どのやり方でも短くとも3か月の期間は必要になります。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。


認知度は高くないようですが、特定調停と言われる債務整理の手続きがあります。

債務が残っている借入先について、返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に効果が出るやりかたです。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、別途請求することになります。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、返済して借金がゼロになった時点で行えるようになります。

予定していた日に返済が行われないと、債権者から翌日に確認があります。

次の支払い予定日を聞かれるのでそこで約束すれば、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、前回よりは多い頻度で催促の電話があり、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

努力しているのにも関わらず長期的に見て支払いの見込みが立たない時は、任意整理、個人再生、自己破産といった債務手続きをするという手があります。

積立タイプの生命保険に入っているときは、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

自己破産については、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。

また、個人再生に際しては保険契約を解約するまではいかないものの、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。


もし、任意整理であれば特に関係無く、個人再生であれば基準が厳しくないため、問題とされることがそうそうないものの、自己破産により債務整理を行う人は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律で最大限度が定めてあります。

それを超過した分は処分を要しますが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が承認されないだけではなくもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、債務整理の記録がまっさらになるという事はありません。

カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄もよく見られますし、氏名だけで本人確認がされるわけではありません。

たとえ審査に通過できたところで、債務整理の記録が後日発覚すればその時点でカードが利用できなくなったりカードを返還するよう求められたりする恐れも見込まれるでしょう。

どうにも生活に窮していて債務整理の相談がしたいのに、絶対に誰かに弁護士事務所に入るところを見られたら困る。

ないし直接事務所を訪ねる暇がないような場合は、メール相談に対応している事務所も豊富にあります。

必然的に直接や電話よりも時間のかかるやり取りにはなりますが、好きな時に人目にさらされることなく行えますので、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。