借金返済 無料相談 静岡

MENU

静岡で借金返済の無料相談ならこちら

静岡で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、静岡に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を静岡で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理で借金を整理したとしても、家族に悪影響が出ることはありません。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、その影響を受けるのは債務整理をした当事者だけなので、その家族はローンやキャッシングを使うことも可能でしょう。

とはいえ、注意しておきたいのは、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、その家族が返済義務を負うことになってしまうでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったのであれば、これからもキャッシングを利用したりすることができるのでしょうか。

実際は、間が空かなければお金を借りることはできません。

一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして5年以上はブラック状態になりますから、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入もできなくなります。

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、簡単には答えられない問題です。

とはいえ、数十万円の借金といったケースでは、他の金融機関や貸金業者でも融資してもらえる場合があり、返済することもできるでしょう。

でも、すでに借金があるので、融資してくれる業者は簡単には見つからないかもしれません。

借金を続けるより、支払いが苦しくなった時には、早急に弁護士に相談して、このまま返済するのか債務整理するのかを決めるのが良いでしょう。


個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する手段を債務整理時に選んだ場合は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る作業と本人へのアドバイスが主になります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、行けば質問にも答えなくてはなりません。

自己破産で特に管財案件である場合などは申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、作業を担当する弁護士や司法書士等に月々いくらかを積み立てていく場合があります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると貸金業者等に対しての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、和解手続きが終了したあとの弁護士報酬に充当するのです。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

当然ながら新たな借入などは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

要するにクレジットカードやキャッシングカードなどは一切持てないので、新たにカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。

しかし既に契約済みの借り入れは、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済に向けて支払いを続けていきます。


幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないという人がするべきなのが債務整理でしょう。

通常は債務者が利息を減免してほしい、支払い計画を見直したいといった希望を債権者に伝えるため相談を要望する事になります。

しかし、相手方はプロで慣れているので、知識を持たない債務者一人で交渉を上手く運ぶことは極めて困難です。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼するというのが普通でしょう。

返済の目途が立たない借金を債務整理によって整理することができますが、ただ一つ整理できないものもあります。

それは各種税金です。

自己破産に関するルールの基となる破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

納税は国民の三大義務というだけあって自己破産をしたところで不可避です。

ただし、訳を話して役所で分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。

借金について手続きの相談を持ちかけるとしたら、 弁護士や司法書士を擁する法律事務所となります。

債務整理の依頼は弁護士も司法書士も引き受けることができるものの、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたっては140万円を超える合計額では引き受けることができないという条件が課せられています。

まず間違いなく140万円を割るということなら両者とも問題はないですが、額が大きくなることも否定できないとすれば弁護士を選んでおいた方が確実です。