借金返済 無料相談 静岡

MENU

静岡で借金返済の無料相談ならこちら

静岡で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、静岡に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を静岡で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

返済の遅延を繰り返すようになると、現実的に債務整理を考えるというケースは少なくありません。

返せるものなら返したいけれど、結局は返済資金を工面できず、延滞を繰り返してしまう人は多いです。

弁護士の無料相談などを利用して、支払の計画を立てることができなければ、債務整理を行う手続きに入ります。

返済が未納のあいだは取り立てが繰り返されているでしょうし、精神的な病にかかる心配もあります。

ですから、まだ余裕のあるうちにアクションを起こすようにしましょう。

借金の整理のために債務整理をすると、事故歴アリとして信用情報機関に情報が登録されます。

具体的には「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、しばらくは各種ローンの審査に通過することが不可能になります。

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラック状態が解消されるまでにおおよそ5年は見ておく必要があります。

仕事に悪影響が及ぶのではないかと心配で、つい債務整理を後回しにしてしまうという方も少なくありません。

けれども、債務整理したことが会社に知られるケースは稀です。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対に大丈夫です。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。


債権者による返済の催促や取立てが行われている状態で借金の額を減らす「債務整理」を行えば、弁護士等から借入先あてに介入通知が送られ、受領日以降はその債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

しかし仮にその期間中、連絡や督促を受けたら、ただちに担当弁護士(司法書士)にその旨を伝えるようにしましょう。

自身が対応する必要はないですし、何かしようと思ってはいけません。

どのような債務整理であれ、一度でもすれば信用機関にその情報が記録されます。

ですから新たなローンの申し込みは不可能ですし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

当面は新たにカードを作るのはまず不可能です。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、基本的に返済義務は残りますから、完済に向けて支払いを続けていきます。

どのような債務整理であれ手続きすれば、個人信用情報に記載されることは免れません。

普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に就職を希望している場合は、少々不利かもしれません。

ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、状況次第ではそれが元で採用を見送るケースもあります。

会社や採用担当者によって考え方も違うでしょうし、採用されなかったら諦めるほかありません。


月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を考慮に入れる場合にまず決めなければならないのは弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。

基本的に弁護士事務所では無料の初回相談を用意しています。

無料相談で顔を合わせて話をすれば、相手が信頼に値する担当者かはっきりさせることが出来るはずです。

あわせて、法律上の問題で悩んでいる人をサポートする公的機関の法テラスでも同様に相談は無料です。

借金まみれの状態から逃れるためには債務整理をするという道があります。

債務整理には3パターン(任意整理、民事再生、自己破産)があり、総じて債務整理と呼びます。

これらにプラスして過払い金請求も債務整理の一種とする場合もあります。

全て異なる手続きになっていますので、情報を集めてから現在の事情に即した方法で、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

自己破産は借金をゼロにできると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が則る法律は破産法と言いますが、非免責事項としてその中に載っているものは支払義務から逃れることはできません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

一方、同様の扱いに思えそうなものの、養育費は免責されないのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。