借金返済 無料相談 立川

MENU

立川で借金返済の無料相談ならこちら

立川で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、立川に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を立川で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

借金の返済が不可能になって債務整理で借金を処分したのなら、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

この期間は有限で、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、情報は登録されないようです。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングやローンの審査が通らない可能性が高いです。

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。

けれど、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わることは、ほぼありません。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対にバレないでしょう。

自己破産や個人再生を行ったケースでも、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社にはバレません。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。

債務整理をするとブラックリストに載ると言いますが、例えば教育ローンを利用できるのかは重要な問題でしょう。

簡単に説明すると、教育ローンには民間の金融機関が提供しているサービスと、「国の教育ローン」といわれている日本政策金融公庫提供の教育ローンがあります。

民間の金融機関も日本公庫も、共に個人信用情報機関の情報を参照して審査を行うので、金融事故歴が残っている状態では教育ローンは諦めるしかありません。


出来れば自分の力だけで返済していきたいと思う気持ちは理解できますが、どうにも返済の見込みが立たないときには、状態を改善するために債務整理を行うというのも手です。

一般的に債務整理が必要かどうか判断する時期はいつかと言うと、毎月の返済が収入の3割以上になった時点が妥当な時期のようです。

任意整理の相談が来るのはこの頃に多いですし、早いうちに生活を再建したほうが良いでしょう。

個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する方法で債務整理をするのであれば、債務者の代理人として司法書士を指定することはできません。

したがって司法書士は裁判所への申請書類の作成といった仕事が主体となります。

申立や面談で裁判所に行くのも依頼者本人となり、行けば質問にも答えなくてはなりません。

自己破産で特に管財案件である場合などは司法書士に依頼してしまうと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。

どの債務整理にでも言えることですが、受任通知送付後は債権者からの取り立て、連絡などはすべて禁止です。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は相手側から訴訟を起こされる場合もあります。

裁判所とは本来無縁なはずの任意整理なのに何故?と思うでしょう。

しかし、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送ると即、裁判を起こす会社があります。

こうしたところが借入先の場合は、気をつけた方が良いでしょう。


債務整理は総じて自ら手続きする事ができるものの、そのやり方が一筋縄ではいきません。

それに、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、もしこちらが素人だと知られれば交渉しづらくなることもあるでしょう。

費用が求められますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が首尾よく手続きを行うには一番です。

法テラスで費用面の相談を行う事も可能です。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済をしていくもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

かたや民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。

ところが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

他にも、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに年収以上にまで借金が膨れ上がっていることもよくあることです。

そういった場合はハードな返済になりますので、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。