借金返済 無料相談 台東区

MENU

台東区で借金返済の無料相談ならこちら

台東区で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、台東区に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を台東区で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、籍を入れて苗字が変わってもキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。

審査の時には名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせて信用情報に事故歴がないのか調べます。

要するに名寄せを使っているのです。

ですので、結婚して苗字が変わったとしても、審査をパスできるわけではありません。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

代表的なものは、ブラックになってしまうという点でしょう。

要するに、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラックが解消されるまでが最短でも5年間から10年間と異なり、一律ではありません。

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が必要になります。

これは、債務者の権限を弁護士に委任するという契約を結ぶために使う書類です。

委任契約が結ばれると、相手に受任通知が送付されるため、取り立てを止めてもらえるでしょう。

委任契約が結ばれると、弁護士は、債務者の権限を受けた代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。


自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、やろうと思えば債務者本人でも可能ですが、おすすめはしません。

債権者との交渉が主体となる任意整理では、延滞を繰り返した債務者の言い分を債権者が快く聞いてくれるとは思えません。

それに、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

したがって債務整理を行う際は基本的に弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。

取扱実績は最近では減っているものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

どのようなものかというと、借入先に対し既に過払いになっている金額がある場合に効果が出るやりかたです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停以降に日を改めて過払い金請求をする必要があります。

この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。

債務を完済している時点で請求可能となります。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。

自己破産については、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

それから個人再生の場合ですが、自己破産と違って解約する必要はありませんが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。


現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

ところが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

そして、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、知らず知らずのうちに年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も少なくありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、できるだけ早いうちに債務整理も視野に入れていくべきでしょう。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理をしてもかまいません。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に該当し、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

今の時点で発生済みの利息とこれから発生する利息をカットすることで返済額を元金だけにする方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

元金の額も減らない限りどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。