借金返済 無料相談 高松

MENU

高松で借金返済の無料相談ならこちら

高松で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、高松の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を高松で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

急な出費の助けになるキャッシングですが、計画的に使わなければなりません。

使い過ぎて借金が増えれば、返済も困難になります。

返済が不可能になった時には、債務整理を検討してください。

ご自身の状況に応じて最適な債務整理の方法を採ることで、債務を適正な範囲に収めることができるので、安定した生活を送りながら借金を完済することができるでしょう。

債務整理をしたら、これからもお金を借ることができるのどうかは、誰しも気になる問題でしょう。

実際のところ、法律によって制限されているわけではないので、借入が不可能になるということもありません。

けれども、大半の銀行や消費者金融でキャッシングサービスを利用することは厳しいでしょう。

ですが、中小の金融機関においては、場合によってはキャッシングが可能なこともあるので、調べてみると良いでしょう。

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いになります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生で5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

ですが、もし売掛金として100万円がでてきたら、この5分の1の20万円分をプラスした合計220万円の債務となります。


遺産相続の際などに深く考えずに相続してしまうと、あとになってマイナスのほうが多いと気づいたときには借金を背負っていたなんてことになってしまいます。

しかし、こうした場合は債務整理で負担を軽減することができます。

ここで行われるのは任意整理であって、弁護士や認定司法書士の手を借りて債務の金額の減額を交渉します。

こういった厄介な状態にならないためにも、遺産の相続は慎重に行いましょう。

所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

また、司法書士が扱う任意整理は債権者1人につき借金の合計額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人として司法書士を任命することは認められておらず、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

本来、債務は自分で返済すべきですが、どうしても返済しきれない状態に陥ってしまったら債務整理を考えてみるべきです。

一般に債務整理を行う頃合いといえば、転職などで収入が減り、月々の返済が手取りの30%以上にかさんでしまった時が妥当な時期のようです。

実際、任意整理はこのあたりで行うのが一番多いです。


現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

ところが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

そして、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、知らず知らずのうちに年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も少なくありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、できるだけ早いうちに債務整理も視野に入れていくべきでしょう。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理をしてもかまいません。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に該当し、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

今の時点で発生済みの利息とこれから発生する利息をカットすることで返済額を元金だけにする方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

元金の額も減らない限りどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。