借金返済 無料相談 高松

MENU

高松で借金返済の無料相談ならこちら

高松で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、高松に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を高松で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、完了するまでにはどれくらいの時間がかかると思いますか?債務整理の方法は様々なので、どの方法で債務整理を行ったかによって所要時間が変わってきます。

でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることもあると理解しておきましょう。

債務整理手続きを取るには、弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしてください。

もちろん、無料ではありませんから、お金がないと依頼することも不可能だと思っている方も多いようです。

しかし、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。

たとえ、人には言い辛い内容であっても、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。

互いの信頼関係に関わります。

そもそも自己破産は、今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。

まだ返済の見込みがあるのなら、自己破産の許可はおりませんし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、きちんと伝えるようにしましょう。


弁護士や司法書士といったプロの人たちでも、仕事内容によって得意不得意というのはあります。

実際に債務整理の実績が全くない弁護士などにも遭遇しますし、考えなしに依頼するのではなく、債務整理で実績を積んだ司法書士、弁護士を見つけなければいけません。

このごろは債務整理に力を入れている法律事務所や法務事務所等も多くなってきているので、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

まず自己破産を行うのであれば、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

それから個人再生の場合ですが、保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

債務整理全般に共通することですが、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取立て、FAXや電話などによる債権者からの連絡はすべて禁止です。

でも、安心はできません。

任意整理だとこうした期間内に債権者が裁判所に訴えることも多いです。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

弁護士が任意整理の受任通知を送ると、消費者金融によってはお決まりのように訴訟に出るような会社もないわけではありません。


結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、債務整理の記録が白紙に戻るかどうかと言えばそれは違います。

カードの入会申し込みで旧姓を書くところもよく設けられていますし、本人確認に使われるものは氏名だけに限りません。

それに、審査が通ったと仮定しても、後に債務整理の記録が明るみに出た時点でカードの利用停止やカードの返却要請といった措置になる事も否定できません。

住宅ローンの借り入れに際しては審査がありますが、この審査を通るためには債務整理後、それなりに期間が空き、信用情報機関で参照される事故情報、いわゆるブラックリストから債務整理を行った記録が消去済である事が欠かせません。

債務整理にどの方法を用いたかでこの期間は違い、消えたのか否かの確認は任意で可能です。

所定の期間が終わっていれば、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことができます。

普通は一個人として債務整理が行われるため、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

それでも、例に当てはまらないものもあり、既婚男性が債務整理をしたとしてその妻が専業主婦ならば、クレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それだけでなく、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査を通過できないことも覚悟しましょう。