借金返済 無料相談 宝塚

MENU

宝塚で借金返済の無料相談ならこちら

宝塚で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、宝塚に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を宝塚で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、身内の人が辛い思いをするという話は聞いたことがありません。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、銀行のローンや借入ができなくなることは絶対にありませんから安心してください。

ただ、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、注意してください。

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金は依頼する弁護士事務所などによって違います。

例えば、任意整理ですと、まず債権者1社につきいくらという基本料金が設定がされており、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なくほとんどが固定費用です。

そのため、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に手続きを取ってしまうと、結果的に赤字になるケースもあります。

ご存知のように、任意整理は貸金業者と和解交渉を行い、減額された金額を分割して払っていくことになります。

この時に金銭的な余裕が生まれたら、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をすることができます。

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いでしょう。


自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、司法書士や弁護士に頼むとすぐに作業に着手するものです。

そこでもし依頼者の都合で手続きを中止したいと思っても、既に進んでしまっている債務整理を止めるというのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。

とりわけ、裁判所に申し立てを行う自己破産の場合はキャンセルはききません。

ですから、債務整理をするというのは、よく検討してから開始するべきです。

また、始める前なら弁護士等に相談することもできます。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、債務が免責となる自己破産とは異なり、減額後も残った借金を返済する必要があります。

もしその返済の約束を破るようなことがあれば、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、延滞期間に相当する遅延利息を含め、すべての債務を一括で返すように迫られるでしょう。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、守るよう、肝に銘じておくべきです。

自己破産や個人再生といった債務整理では、自動的にすべての債務を整理対象としますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

必ずしも全債権者に対して手続きする必要はなく、大概、減額の量が大きそうな債権者を選んで行われるものです。

そんなに債務がない債権者も対象にすると、手続きしてくれた司法書士や弁護士に払わなければならない報酬のほうが高くつく場合もあります。


債務整理をしたことがある人はこの先借金は全てNGというわけではありません。

事故情報がブラックリストから消去されたら借入をまた行える見込みはあります。

だからと言って、任意整理中の身でさらに借りようとする事は決してしないでください。

借りようとする事がもはや無謀な上、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。

これまでに債務整理をしたことがある上で、さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときより認めてもらうのが難しいですし、かつ二回目の自己破産ともなると、相当な難しさになるでしょう。

全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、これを申請しても免責されないというケースも存在します。

借入金の用途がまずかったりするとそうなってしまいます。

一例として、ギャンブルや投資への利用や、身に余るほどの買い物をしょっちゅう行っていたりするとそうしたケースになります。

こういった訳で免責されないとなれば、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。