借金返済 無料相談 東伯

MENU

東伯で借金返済の無料相談ならこちら

東伯で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、東伯の近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を東伯で考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額借入として扱われるため、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

面倒だった返済管理も簡単になるので、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。

債務整理で借金を整理したとしても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

借金を債務整理で処分した人が身内にいようと、あくまでブラックリストに名前が載るのは債務整理者本人だけですから、家族はそのまま借入やクレジットカードの利用を続けることもできます。

とはいえ、注意しておきたいのは、借金の保証人が家族の名義になっているのならば、その人が債務者の返済義務をすべて背負わなければならなくなってしまいます。

多重債務者の中には、その原因がうつ病だという人も少なくありません。

働くことができずに借金を繰り返したり、生活が苦しくなって借金していたら多重債務者になっていたということは、誰にも言いたくないことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

このような問題からうつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。


自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う債務整理は対象がすべての債権者となりますが、任意整理の場合は事情が異なり、債権ひとつずつに分けて手続きをすることになります。

債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、たいていは減額幅の大きい債権者を対象とすることが多いです。

さほど債務が残っていないところまで債務整理の対象とすると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する報酬のほうが高くつく場合もあります。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、自己破産のような完全な免責とは違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

もし、この返済が滞ると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、それまでの延滞金を合わせた全額の一括返済を迫られるでしょう。

和解というのは約束ですから、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、もしそこに口座があれば凍結される可能性があります。

それは残されている預金を使って少しでも借金の返済に回せるからです。

ただし、例えば自己破産でしたら同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は本人のものとして残すことができ、それより残高が多い場合だけ返済に充当されるのです。


弁護士か司法書士かを問わず、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者が自分自身で必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を発表しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、面と向かって面談することをせず引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務に反しているという事です。

債務整理をするのに任意整理による場合、交渉を債権者が拒否することもあります。

任意整理とは司法が関与せずに債務者と債権者の間で交渉が行われて和解された返済額や期間によって返済していく方法です。

司法の介在がないという意味は、債権者は法的に交渉の席に着く義務は無いという事と同等です。

よって、例えば返済歴がない等、どう考えても債権者にとって悪条件であれば和解が成立しない事も考えられます。

事故情報が信用情報機関に登録されること、すなわちブラックリスト入りと、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理から受ける悪影響の一つでしょう。

とは言え、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、日頃から官報を確認しているような人は極めて少数です。

それと、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る事はありえます。