借金返済 無料相談 徳島

MENU

徳島で借金返済の無料相談ならこちら

徳島で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、徳島に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を徳島で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

役に立つクレジットカードですが、度を超えた買い物をしてしまうと毎月の返済が滞ってしまう可能性があります。

一括払いでの支払いが不可能な場合、リボ払いに変更するしかありません。

ですが、リボ払いの返済も遅延する場合も珍しくありません。

返済に追われるようになると、追い詰められ、まともな生活ができなくなるので、弁護士などに債務整理を依頼し、できる範囲で返済することをおススメします。

一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

とはいうものの、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、返済可能な分の債務が残ります。

残った債務は金利がかかりませんが、こちらの債務も延滞するようになると、延滞損害金が発生してしまいます。

さらに、この損害金と共に、債務の一括返済を請求されるケースもありますから、返済はきちんと行うようにしましょう。

実際に債務整理を行う際の注意点です。

これは増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、数ヶ月、長ければ半年ほどは手続きが続くことを覚悟しておいてください。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

しかし、新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、更生する余地がないと裁判所が判決を下し、減額の許可が下りなくなったりする可能性もあるのです。


債務の返済に行き詰まり、任意整理か個人再生しかないという状態のときに、家賃が必要な借家(アパート、マンション含む)に住みながら返済するのであれば、家賃の支払いも忘れてはいけません。

家賃は減額後の債務と共に毎月の支出となり、減らそうとしても急に減らせるものではありません。

債務整理の手続きが始まってから思い出しても遅いので、依頼する段階で忘れずに、弁護士なり司法書士に伝えておきましょう。

もし自己破産するのであれば、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債権者へ分配(返済)されますが、これは自己破産ならではのシステムです。

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて断じて考えないようにしましょう。

もし露見すれば、自己破産は成立しても免責にならないのですから、正確に報告したほうが身のためでしょう。

個人再生や任意整理の手続きを開始してから、成功報酬の支払い用に法律事務所指定の口座に積み立ててきた資金は、報酬支払い後の残金は本人の手元に戻ってきます。

お金がないのに積立をするのは大変だと思うでしょうが、最後に成功報酬に充当するわけで、手続き期間中に本来は返済するはずだったお金を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

無理をする必要はありませんが、出来る限り積み立てるようにしましょう。


債務整理は総じて自ら手続きする事ができるものの、そのやり方が一筋縄ではいきません。

それに、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、もしこちらが素人だと知られれば交渉しづらくなることもあるでしょう。

費用が求められますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が首尾よく手続きを行うには一番です。

法テラスで費用面の相談を行う事も可能です。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済をしていくもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

かたや民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。

ところが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

他にも、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに年収以上にまで借金が膨れ上がっていることもよくあることです。

そういった場合はハードな返済になりますので、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。