借金返済 無料相談 豊島区

MENU

豊島区で借金返済の無料相談ならこちら

豊島区で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、豊島区に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を豊島区で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

返済の遅延を繰り返すようになると、債務整理を考える人が多いようです。

返済したい気持ちはあるのに、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあります。

弁護士の無料相談などを利用して、返済は無理だと判断されれば、債務整理をするしかないでしょう。

借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などの取り立てが続いていますし、精神的な病にかかる心配もあります。

ですから、不安になったらすぐに専門家に相談するようにしてください。

債務整理をするのなら忘れないでいてほしいのは、残った債務を無事に完済し終えても、その後、ある程度の期間、金融機関の提供するサービスに申し込んだり、利用することに制限がかかります。

なぜなら、債務整理をしたことはブラックリストに名前が載ってしまいますから、短くとも5年以上は、クレジットカードで買い物をしたり、ローンの審査を通過することや、大手企業のキャッシングを使うなどの行為が100%できなくなってしまいます。

債務整理で借金を整理したとしても、その影響を家族も受けるということはありません。

債務整理の結果、制約がかかるのは本人だけですので、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むことも制限されません。

ただし、注意してほしい点もあります。

借金の保証人が家族になっているケースでは、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。


個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する手段を債務整理時に選んだ場合は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る作業と本人へのアドバイスが主になります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、行けば質問にも答えなくてはなりません。

自己破産で特に管財案件である場合などは申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、作業を担当する弁護士や司法書士等に月々いくらかを積み立てていく場合があります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると貸金業者等に対しての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、和解手続きが終了したあとの弁護士報酬に充当するのです。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

当然ながら新たな借入などは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

要するにクレジットカードやキャッシングカードなどは一切持てないので、新たにカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。

しかし既に契約済みの借り入れは、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済に向けて支払いを続けていきます。


自己破産は借金全てを水に流せると言っても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理が則る法律は破産法と言いますが、そこに規定された非免責事項は支払義務から逃れることはできません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

ただ、同様の扱いに思えそうなものの、非免責事項となる養育費に対して、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

債務整理で借金を整理するにも、何種かの方法が考えられます。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

個々の状況次第で適した方法も違います。

一人で手続きをしてもかまいませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというと難易度は方法次第です。

任意整理にあたっては手続きを全て自分で行うという事態を避ければ家族に悟られるという可能性は極めて低いです。

しかしながら、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、そのうちばれてしまう可能性が高いです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと内密にできます。