借金返済 無料相談 つくば

MENU

つくばで借金返済の無料相談ならこちら

つくばで借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの無料借金減額シミュレーターでは、あなたの借金返済状況に合わせて、つくばの近くにある法律事務所を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談をつくばで考えている場合は、無料の借金減額シミュレーターを使ってあなたの状況にぴったりの弁護士事務所を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理を行っても、本人以外の身内が不利益を被るという話は聞いたことがありません。

家族の財産も処分されたり、銀行のローンや借入ができなくなるといったことはありえないでしょう。

とはいえ、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、家族が苦しい思いをすることになります。

昔の話ですが、多重債務の状態に陥り、債務の総額が300万になってしまいました。

なぜキャッシングを利用し始めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

しばらくして就職はできたのですが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

可能であれば、弁護士に債務整理の相談をすることをおススメします。

もちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は関わることができないからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

弁護士であれば、債務整理手続きを始めたその日に法律的に取り立てから解放されることもできるでしょう。


どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

最初に必要になるのが着手金で、最終的な結果が出たあとに払う成功報酬が続き、そして債権者や裁判所までの交通費や印紙代等の実費が必要です。

もし任意整理という方法をとった場合、減額に成功した額を基準に報酬が決まり、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

そして自己破産の場合はというと、債務の免責が許可されればあらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。

自己破産や個人再生といった債務整理では、すべての債権者が債務整理の対象になるのですが、裁判所を通さない任意整理の場合は借入先一社ごとに手続きをします。

費用も個別にかかるため、すべての債権者に減額交渉することは稀で、総じて減額量の大きいと見込まれる相手を選んで行います。

さほど債務が残っていないところまで債務整理の対象とすると、手続きしてくれた司法書士や弁護士に払わなければならない報酬のほうが高くつく場合もあります。

以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、個人再生や任意整理といった債務整理をしたあとでも、一般の生命保険への加入については何の制限も受けません。

保険や共済といったものは申し込みの際に銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、過去に債務整理した事実が分かることはないです。

つまり、月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。


債務整理をするにあたっては、借金を債権者に返済し終えている時に過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。

この返還請求をするには事前準備として当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類が欠かせません。

取引履歴を点検することで、適正な利息を算定することができるので、過剰な利息の支払い分を返納してもらえることになります。

債務整理を任意整理で行おうという人は、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。

一方、元金カットも要望する時は、ハードルは高いでしょう。

担当弁護士や司法書士の交渉力によっては万一減額の可能性もあるでしょうが、利息カットでも利益がでないのに、元金の減額を認めると債権者にとっては明白な損失なので、普通は首を縦には振らないでしょう。

相当な困窮具合で債務整理の相談を希望しているが、決して弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。

ないし事務所に出向くには忙しすぎるような人には、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所も珍しくはありません。

やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、都合のいい時に人目を忍ばず行えることから、相談をする上での気軽さという点ではナンバーワンでしょう。