借金返済 無料相談 鶴ヶ島

MENU

鶴ヶ島で借金返済の無料相談ならこちら

鶴ヶ島で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、鶴ヶ島に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を鶴ヶ島で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理を行っても、債務者以外の家族に問題が生じる点については、心配いりません。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融サービスの審査に受からなくなることは、まずないでしょう。

とはいえ、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、気を付けなければなりません。

借金の返済が滞るようになってくると、債務整理のために弁護士事務所を尋ねるというケースは多いです。

返せるものなら返したいけれど、結局は返済資金を工面できず、延滞を繰り返してしまう人は多いです。

しかるべきところに相談し、もう返済の可能性がないということになれば、実際に債務整理を行うことになるでしょう。

借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などの取り立てが続いていますし、債務者の精神衛生上よくありませんので、追い詰められる前に行動するようにしてください。

債務整理をすると、抱えた借金を減らすことができるでしょう。

ただし、債務整理を行ったことは信用情報機関に登録されてしまうでしょう。

結果として、いわゆるブラック状態になってしまいますから、借入やローンの審査で落とされるようになります。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、忘れないでください。


債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、安定収入のない人は手続きできません。

個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、完済まで月々返済していかなければなりません。

払い続けていくためにも本人に収入があることが求められるのです。

自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に交渉を行うことになっているので、全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して任意整理の申立をします。

しかし減額交渉は任意ですから、もし債権者がいやだと言えば当該債務の減額は不可能です。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生や任意整理といった債務整理をしたあとでも、生命保険に加入することについては何の制限も受けません。

一般に保険というのは加入時にCICやJICCなどの個人信用情報を参照することはないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないでしょう。

それに、生命保険の加入は保険料の支払いさえあれば可能なので、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。


返せない借金があって債務整理を進めているところで離婚が成立する場合、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活を送る上で出来たものだと夫婦間の財産分与に含まれ、分配されます。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、金額的にはマイナスであっても同じように財産とされるためです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与の対象外です。

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというとその方法次第で難易度には差があります。

任意整理にあたっては手続きを全部自分でしようと思わない限りは滅多に家族にはばれないでしょう。

けれども、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、知られずにいるのは厳しいでしょう。

債務整理を行う方法が何であっても、職場に対しては内密にできます。

借金が整理できればいいなと思っていても利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理の方法のうち任意整理なら残せないこともありません。

任意整理では債権者を選り抜いて整理できるので、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

とは言え、任意整理を行えば事故記録が信用情報に加わりますので、それが原因でカード更新時に停止となることが見込まれます。