借金返済 無料相談 鶴ヶ島

MENU

鶴ヶ島で借金返済の無料相談ならこちら

鶴ヶ島で借金返済の無料相談ならこちらから。

 

完全無料・匿名可能で、家族や会社にばれずに借金問題の専門家である弁護士に相談することができます。

 

こちらの法律事務所では、鶴ヶ島に住んでいるあなたの借金返済状況に合わせて、適切な借金問題の解決方法を紹介してくれます。
実名、住所の入力は不要で、しかも匿名可能、完全無料です。

 

 

借金返済の無料相談を鶴ヶ島で考えている場合は、まずは匿名で利用できる無料のメール相談を使ってあなたの状況にぴったりの借金解決方法を探してみて下さい。

 

借金返済ができなくて手遅れになる前に専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
あなたの明るい未来の為にここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

債務整理コラム

子供がいるのであれば、債務整理の影響が気になります。

もし債務整理をした場合、教育ローンを利用できるのかは重要な問題でしょう。

一口に教育ローンといっても、民間の金融機関が提供しているサービスと、いわゆる「国の教育ローン」と呼ばれる日本政策金融公庫(日本公庫)によるものとに分けられます。

どちらの機関も信用情報機関に登録される情報から審査するので、金融事故歴が残っている状態ではローンを組むことは難しいでしょう。

全ての借金を処分する自己破産などと異なり、任意整理では借金をしている債権者の一部を債務整理の対象にすることができます。

ですので、携帯電話会社への債務を整理しなければ携帯電話を解約せずに済みます。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、分割払いはできない可能性が高く、携帯電話の機種代金は一括で支払わなければなりません。

しかし、携帯電話料金も払っていない状態であれば、この限りではありませんから気を付けてください。

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、このことが信用情報機関の金融事故欄に載ってしまうでしょう。

よく言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、長期間、クレジットカードや銀行ローンを利用することが不可能になります。

ちなみに、債務整理をするとブラック状態が解消されるまでに5年は必要になります。


銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が残ることはご存知でしょう。

その事実は時々、就職や転職に響いてくることもあります。

簡単に言えば個人信用情報のデータベースにアクセスできる金融業界に就労を希望する際です。

ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、就職先は細かい事情はわかりませんから、不合格にする可能性も否定できません。

いずれにせよ、個人ではいかんともしがたい問題です。

積立タイプの生命保険に入っているときは、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

例えば自己破産のケースでいうと、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。

そして個人再生を行う場合は、自己破産と違って解約する必要はありませんが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、返済額も返戻金の影響を受けません。

予定していた日に返済が行われないと、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

その際、いつ支払うかを約束すれば、案外すんなりと期日まで待ってくれます。

ただ、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、やがて訴訟に発展する可能性もあります。

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも支払いの見込みが立たない時は、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。


概して、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物とよく言われているものの、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。

実際には払わなくても済んだ利息を取り戻しただけのことなので、その結果、残債がなくなるのならば事故とは言えないという訳です。

しかし、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産、または、個人再生ならば官報上に個人情報が載ることが債務整理によって生じるデメリットです。

と言っても、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、いつも官報をチェックしている人なんて特定の人々のみです。

他には、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる事はありえます。

新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務整理を経験してからそれなりの時が経ち、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理をしたという記録が抹消されている事が最低限求められます。

債務整理にどの方法を用いたかでこの期間は違い、もうなくなっているかどうかを自分で確認する事ができます。

消去済なようなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。